賞味期限の切れた牛乳は飲める?

朝食にもお料理にも活躍する牛乳。冷蔵庫に常備している方も多いのでは?そのまま飲む冷たい牛乳から温めて使うものまで、使い方もさまざまですよね。しかし、たくさん使うからと何本かまとめて買ってしまうと、賞味期限の長くはない牛乳は、うっかり期限をオーバーしてしまうこともあるでしょう。

賞味期限の切れた牛乳はもう飲まない方がいいと思っていますか?せっかく買った牛乳を無駄にしない使い方についてご紹介します。

未開封なら賞味期限が過ぎても飲める

賞味期限とは、おいしく口にできることが保証された期間のこと。この期間をすぎたからといって、体に害が及ぶものではありません。10度以下の冷蔵庫で保存されていた未開封の牛乳であれば、体に異常をきたすものではないと考えてよいでしょう。 牛乳は製法技術の発達により、賞味期限も長いものが増えています。ただし、あくまでも未開封の状態での期限になりますから、開封後の牛乳は注意が必要です。また、常温保存は避け、必ず冷蔵保存をしてくださいね。

開封済みの牛乳は注意

開封した牛乳の保存期間目安は2~3日です。賞味期限が切れていなくても、なるべく早く飲みきりましょう。

飲むときは加熱がベスト

牛乳は開封後は2~3日以内に飲み切った方がいいですが、見た目やにおいに異常がない場合は、基本的には飲んでも大丈夫です。ただし、もし開封後数日たった牛乳を飲む場合は、加熱したものをおすすめします。または、スープやパスタなどのお料理に使うのがいいでしょう。

加熱する際には鍋に移して火にかけ、沸騰寸前までしっかり温めるようにしてください。電子レンジでの加熱は、温度がしっかり上がらないと効果がないので、ガス火で加熱することをおすすめします。

消費期限切れは飲まずに捨てよう!

おいしさを保証している賞味期限に対して、安全性の保証ができる期限を表示している消費期限。牛乳には、賞味期限と消費期限のいずれかが表示されています。消費期限が表示されている場合には、その期限を過ぎたら飲まずに捨てましょう。

冷蔵庫でしっかりと保存され、においにも見た目にも問題がないように見えた場合でも、安全性に保証ができません。そのため、消費期限の切れた牛乳は捨てるようにしてくださいね。

こんな牛乳は危険

牛乳が悪くなった場合、どのような状態になるのでしょうか?下記のような状態が見られた場合は腐ってるので、注意してください。
・白いつぶつぶや黄ばみがある ・ヨーグルトみたいにドロドロしてる ・酸っぱい臭いがする ・味に違和感がある(酸味や苦みを感じる)
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS