片付け楽チン!「揚げ焼き」で唐揚げやメンチカツをサクサクに揚げるコツ

揚げ物の料理は油ハネや後処理がちょっと面倒。少量の油でカリッと仕上がる、揚げ焼きはご存じですか?揚げ焼きをすれば、揚げ物の後の片付けもちょっと楽になると思いますよ。揚げ焼きの方法とコツを知って、人気のフライレシピに気軽に挑戦してみませんか?

揚げ焼きとは?

”揚げ焼き”という調理法、耳にされたことはありますか?油で揚げた揚げ物料理は、香ばしくジューシーで美味しいですが、やはり油分とカロリーが気になりますよね。そこで注目されているのが、この”揚げ焼き”という方法です。

揚げ焼きとは、深さ1〜2cmほどの油で焼くように揚げる調理法です。 揚げ物用の鍋を使わなくても、フライパンなどを使って調理でき、フライパンからの熱が食材に伝わりやすいので、火の通りが早くとても便利!

また、使う油が少なめなため、ヘルシーかつ片付けも楽チンなところも嬉しいポイントです。

メンチカツの揚げ焼き

材料(4人分)

▼一般的なメンチカツ
 合びき肉200g
 玉ねぎ1/2個
 キャベツ4枚
 塩小さじ1/2
 こしょう少々
 小麦粉大さじ1
 卵1個
 パン粉適量

▼ ソース (※混ぜ合わせるだけでOK)
 トマトケチャップ大さじ3
 ウスターソース大さじ3
 レモン汁小さじ2
 塩、油

作り方手順1 肉だねを作る

みじん切りにした玉ねぎ、キャベツを耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで4分加熱。粗熱がとれたら水気を絞ります。ボウルにひき肉と過熱した野菜を加え、塩、こしょう、小麦粉、卵を入れて、手でよく混ぜ合わせます。

ボウルの中身を4等分し、両手でキャッチボールをするように中の空気を抜きながら、2cm厚さの楕円形にまとめ、パン粉をまぶします。

作り方手順2 揚げ焼きをする

フライパンに油を1.5cmほどの深さに入れて熱し、手順1で作った肉だねを並べ入れ、中火で1分、弱火にして4分焼きます。きれいな焼き色がついたら裏返し、裏も同様にして焼きましょう。

揚げ焼きのポイントは、メンチカツが半分つかる位の油をフライパンに入れてじっくり揚げること。また、揚げはじめは下面が焼き固まるまでさわらないよう注意してくださいね。

失敗しない揚げ焼きのコツ3つ

失敗しない揚げ焼きのポイントとコツをマスターして、あつあつサクサクの揚げ焼きを作りましょう!

1.油の量は食材の高さの半分

揚げ焼きする際にポイントとなるのは、油の量。食材の下半分が浸かるくらいを目安にします。揚げ焼きはフライパンで調理することがほとんど。油の量はだいたい5~6mm程度、唐揚げなどの分厚い食材は1cm程度がよいですね。逆に油が少なすぎると、食材が油をすぐに吸収して焦げやすくなるため注意が必要です。

2.揚げ焼きしている間は食材に触れない

食材を油に入れた後は、基本的には触らずに最後まで仕上げます。です。食材全体に油に浸かっていないため、表面の衣が揚がる前に触れると、衣が崩れやすくなり、でき上がりの見た目が悪くなってしまいます。

衣が薄い揚げ物の場合は型崩れしにくいので、表面がこんがりと固まったあとは何度かひっくり返して焼いても失敗しないでしょう。

3.油の温度は高温

揚げ焼きは、高温の油でするのがポイント。食材を入れた時に、ジュワっと油がたつぐらいの温度が目安です。弱火かつ低温の油で揚げ焼きすると、べたっとした仕上がりになってしまうため注意しましょう。

揚げ焼きをする際の注意点

油がはねやすい

揚げ焼きは油が少ない分、間に空気が入って油がはねやすくなります。油がはねるからと蓋をしてしまうと蒸気がこもり、蓋をあけた瞬間に蓋についた水滴が油に落ちて危険です。

キッチンペーパーを鍋の上にかけるのも手です。キッチンペーパーがはねた油を吸い取り、蒸気も内にこもらないのでカラッと揚がりますよ。ただし、キッチンペーパーに引火しないように十分注意してください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう