魚焼きグリルで!おいしいトーストの作り方とおすすめレシピ3選

トーストは、トースターやオーブンで焼くものだと思い込んでいませんか?「グリルで焼くなんて臭くなりそう……」そう思ってる方も多いはずです。実は、魚焼きグリルのほうがおいしく焼き上げることができちゃいます。今回はちょっとしたコツをご紹介!

魚焼きグリルはトースターになる?

魚焼きグリルでパンが焼けるの!? お魚のにおいは移らない?と思う方はたくさんいらっしゃると思いますが、大丈夫です。ちゃんと焼けますよ。

においも、普通に食べる程度には問題ないです。トースターが手元にない、オーブンで焼くのは時間がかかる……という方にこそ試していただきたい方法なんです。

魚焼きグリルでパンを焼くメリット

トースターで焼くことは意外とメリットがあるんです。

ひとつ目は、サクッと焼きあがること。火力が強いので水分が逃げ切る前に焼きあがることで、トースターよりもさくさくに仕上がります。ただ、糖分や油分の多いパンは焦げやすいので、数秒ごとに観察したほうが◎

ふたつ目は時短につながること。火力が強いので一気に焼きあがってくれます。予熱したグリルに入れたら1分と経たずに焼きあがるので、忙しい朝や時間がないときにもぴったりなんですよ。

魚焼きグリルを使ったパンの焼き方

用意するもの

食パンなど、焼いて食べたいパンをご用意ください。あまり分厚いパンはおすすめしません。熱線に近くなってしまうので焦げやすくなったり、くっついてしまう原因にも。

焼く手順

1. なにも入れない状態で30秒から1分ほど予熱する

2. 温まったら中火に落とし、食パンを入れる

3. こんがり焼けたらできあがり。片面焼きの場合は途中でひっくり返して焼きましょう。両面焼きなら裏面の焼き加減も見てみてくださいね。

おいしく焼くコツ

慣れるまでは焼き色を何度も確認することで、焦がしてしまうことを防げます。パンによっても焼きあがる時間が異なるので、よく観察しましょう。

かたくなってしまったパンを焼きたい場合は、霧吹きで軽く水をかけてあげるとふんわり仕上がります。

パンに魚のにおいは移らないの?

パンににおいが移ってしまう心配はほぼありません。焼いている最中に、パンのなかの水分が蒸発し続けることで、パン自体ににおいが入るのを防いでくれます。ただ、庫内を必ずきれいにしてから焼いてくださいね。

また、焼きあがったパンを庫内に放置してしまうと、においを吸収してしまうので、焼きあがったら必ずすぐに取り出しましょう。

それでも、焼き網に直接のせることに抵抗がある方は、アルミホイルにのせて庫内に入れると◎

簡単トーストレシピ3選

1. わさびトースト

わさびがほんのり香るトーストレシピ。加熱することで辛みが和らぎ、さわやかな風味が際立ちます。お好みで量を調整してくださいね。焼きあがったトーストに塗るバターやマーガリンは塩分があるものが◎

2. ガーリックトースト

ガーリックが香るトーストレシピ。ガーリックバターを作って塗って焼くだけの簡単なひと品。お家でパン屋さんのようなガーリックトーストが作れちゃいます。食パンではなくバゲットで作っても◎その場合、薄く切ればラスクのようなサクサクな食感に仕上がります。

3. 大福トースト

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう