ライター : mikA.K

茨城県在住。主人と娘2人、義父母、ワンちゃんネコちゃんとの6人と2匹とのジェットコースターのような生活をしています(笑) 包丁を本格的に握ったのは小学3年生でした。独学で料理や…もっとみる

魚焼きグリルはトースターになる?

魚焼きグリルでパンが焼けるの!? お魚のにおいは移らない?と思う方はたくさんいらっしゃると思いますが、大丈夫です。ちゃんと焼けますよ。 においも、普通に食べる程度には問題ないです。トースターが手元にない、オーブンで焼くのは時間がかかる……という方にこそ試していただきたい方法なんです。

魚焼きグリルでパンを焼くメリット

トースターで焼くことは意外とメリットがあるんです。 ひとつ目は、サクッと焼きあがること。火力が強いので水分が逃げ切る前に焼きあがることで、トースターよりもさくさくに仕上がります。ただ、糖分や油分の多いパンは焦げやすいので、数秒ごとに観察したほうが◎ ふたつ目は時短につながること。火力が強いので一気に焼きあがってくれます。予熱したグリルに入れたら1分と経たずに焼きあがるので、忙しい朝や時間がないときにもぴったりなんですよ。

魚焼きグリルを使ったパンの焼き方

用意するもの

食パンなど、焼いて食べたいパンをご用意ください。あまり分厚いパンはおすすめしません。熱線に近くなってしまうので焦げやすくなったり、くっついてしまう原因にも。

焼く手順

1. なにも入れない状態で30秒から1分ほど予熱する 2. 温まったら中火に落とし、食パンを入れる 3. こんがり焼けたらできあがり。片面焼きの場合は途中でひっくり返して焼きましょう。両面焼きなら裏面の焼き加減も見てみてくださいね。

おいしく焼くコツ

慣れるまでは焼き色を何度も確認することで、焦がしてしまうことを防げます。パンによっても焼きあがる時間が異なるので、よく観察しましょう。 かたくなってしまったパンを焼きたい場合は、霧吹きで軽く水をかけてあげるとふんわり仕上がります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS