固くなったバゲットが復活!おいしくアレンジして料理上手♪

気づいたらバゲットが硬くなってた経験、ありませんか?しまった……と思いつつ、もうフレンチトーストへのアレンジも飽きた、なんて思ってるあなたへ。硬くなってもおいしく・楽しくアレンジできるレシピをご紹介します。そもそも硬くならないように、正しく保存する方法もお伝えしますよ。

2019年3月3日 更新

硬くなったバゲット、どうしよう……

夕飯の献立は洋食にしようと、帰り道にスーパーや人気のパン屋さんでおいしいバゲットを購入。その晩はおいしい料理と共に、バゲットもベストな状態で食べられたけど、食べきれずに残ってしまったこと、ありませんか?バゲットは基本的に長い状態で販売されているので無理もありません。

ついそのままにして翌日を迎え、水分が抜けて固くなってしまったなんていう経験、誰もがあるのではないでしょうか。まずはその日に食べきれない分を先に冷凍保存するのが正解。でも固くなってしまったバゲットでも大丈夫!今回は、おいしく食べられる復活レシピをご紹介します。

バゲットの正しい保存方法

まずは、バゲットの正しい保存方法を確認しておきましょう。万が一、常温のまま放置してしまっても、アルミホイルを使った裏技を覚えておけば、ふっくらおいしく食べられますよ。

購入したら、先に冷凍保存

カットして、その日に食べきれない分を密閉できるジッパー付きの保存袋へ入れて冷凍保存しましょう。その際、かさならないように並べて空気をしっかり抜いて保存袋へ入れます。食べるときは、凍ったままトースターで焼けば、またおいしくいただけます。

アルミホイルでおいしさ復活

冷凍庫に入れ忘れ、2〜3日経過してしまったバゲットでもおいしく食べられる方法があります。それは、食べやすい大きさにカットしたら、まず霧吹きをして水分を足し、アルミホイルに包んでトースターで2分ほど焼けば、ふっくらしたバゲットに。硬くて食べられなかったバゲットが見事に復活しますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

myan3

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう