カフェオレとカフェラテの違いって何?モカやカプチーノもあわせて解説

カフェオレとカフェラテ、どちらもよく聞く名前ですが、どう違うのか説明するのはなかなか難しいですよね。フランス語とイタリア語の違いこそあれ、実はどちらも「コーヒー牛乳」という意味なのです。では何が違うのか、まとめてみました!

2018年6月4日 更新

カフェオレの作り方

カフェオレはドリップしたレギュラーコーヒーに、温めたミルクを注いで作ります。深煎りだと味に奥行きが出るのでおすすめ!フランスでは朝食とともに出される伝統的な飲み物です。

1. コーヒーを淹れる

コーヒーを抽出します。コーヒー豆12gを100ccで、濃いめにじっくりと淹れることでミルクに負けない味わいに!

2. スチームミルクを加える

あたためたカップにコーヒーを注いだら、沸騰させないくらいにあたためたスチームミルクを加えます。ミルクは泡立てないようにするのがポイントです。

本来はコーヒーとミルクは1:1の割合で入れますが、お好みで変えてもOK♪ ミルク好きな方ならコーヒーの3倍くらいにしてもおいしく飲むことができますよ!

カフェラテの作り方

カフェラテは、レギュラーコーヒーではなくエスプレッソにミルクを注いで作ります。仕上げに表面にミルクを浮かばせるのも特徴です!エスプレッソマシンがなくてはならないので、カフェオレはあるがカフェラテはメニューにない、という喫茶店もめずらしくありません。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう