一度は飲みたい!誰もが羨む高級ワイン「バルバレスコ」とは?

ワイン通なら誰もが知っているであろう「バルバレスコ」。今回は“王のワイン”の異名をとる「バローロ」に並ぶイタリア最高の長期熟成赤ワインバルバレスコの特徴をご紹介します。おいしいお料理とともにお楽しみください。

2017年12月8日 更新

イタリアワインの最高峰「バルバレスコ」とは?

バルバレスコとは、イタリア北西部のピエモンテ州クーネオ県にあるバルバレスコ村界隈で産出する、イタリアワインのことです。

この辺りは、ミラノから南西へ150kmほど行った、アルプス山脈の麓にあり、ランゲの丘陵の北の一等地にあたる場所です。夏は暑くて乾燥し、冬は寒くて雪の多い地方です。ちょうどぶどうの収穫期には霧が発生します。

この地でのぶどう栽培は、はるかローマ時代まで遡ります。それ以来、村の重要な産業として今に至っています。

バルバレスコの定義

さて、バルバレスコというと、ネッビオーロ種のぶどうのみを用いた長期熟成の赤ワインで、イタリアを代表する高級ワインのひとつとして知られていますね。

では、なぜバルバレスコにはネッビオーロ種のぶどうのみが用いられているのでしょうか?それは、他の品種を混ぜてしまうと、その時点でもうバルバレスコとは名乗ることができなくなってしまうからです。

ぶどうの品種だけではありません。1ヘクタールあたりの木の本数や醸造方法、樽熟成の期間など、バルバレスコを名乗るためには細かい定めがあるのです。

バルバレスコワインの性質と特徴

バルバレスコ村界隈で栽培されたネッビオーロからつくられるワインは、色合いが濃くてほどよくタンニンを感じることができます。数年熟成させることでさらにおいしさが増し、余韻の長いワインとなること間違いなしです。

色はガーネット色で、はっきり特徴的な香りがあります。すっきりとした豊かで調和的な味も特徴的です。ロースト、煮込み料理、ジビエにぴったり!飲む2時間に栓を抜いておくことをおすすめします。

バルバレスコ三大産地とは?

ネイヴェ

ネイヴェは、イタリアピエモンテ州クーネオ県にある、人口約3400人の村。ネイヴェでは、ボッティと呼ばれる大樽での長期熟成が主流です。果実味の豊かさやタンニンの豊富さが特徴で、クラシカルな味わいのバルバレスコが多いです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう