失敗しないワインの開け方。オープナーなしでもコルクは取れる!

知っておきたい「ワインの開け方」をmacaroni動画でご紹介。いつもスマートに開けられないと悩んでいる方は必見です!きちんとした順序を踏めば手際よく開けられます。オープナーがないときの対処法や、スパークリングワインの開け方もお教えします。

2017年9月5日 更新

ワインのコルク栓の開け方

回すだけで簡単に開くスクリュータイプのワインもありますが、ワインのほとんどはコルクタイプのものですよね。今回は、折りたたみ式のソムリエナイフ型のワインオープナーを使用した方法でご紹介します。

1. オープナーの刃をボトルに当てる

コルク栓のワインボトルはフィルムで覆われているので、まずはフィルムを剥がします。利き手の反対の手でボトルをしっかり固定し、ボトルの首の部分、出っ張りの下にオープナーの刃を当てます。

2. オープナーの刃で切り込みを一周入れる

オープナーを利き手でしっかり握り、ボトルに親指を固定させ奥から手前に刃を滑らせるように半周切れ込みを入れます。ボトルを半周分回転させて、残りの半周にも切れ込みを入れてください。

3. 垂直に切れ込みを入れてフィルムを剥がす

今度はフィルムの外面を下から上に向かって垂直に切れ込みを入れたら、切れ込みの部分からフィルムを剥がします。

4. コルクにスクリューを当て差し込む

次は、コルク栓にオープナーのスクリュー部分(らせん状になっている部分)を刺します。利き手の反対の手でボトルをしっかり支えた状態で、スクリューをコルク栓の中心に軽く差し込みます。このとき中心に、垂直に差し込むことを意識してくださいね。

5. ゆっくりと回しながらスクリューを差し込む

あとは、ゆっくりと回しながらスクリューを差し込んでいきます。スクリューがらせん状になっているので、途中でズレたかも?と思うかもしれませんが、最初に垂直に差し込んでいれば問題ありません。

コルクを深く刺し込みすぎると、貫通してコルクの木片がワインに入ってしまったり浅すぎればコルク栓が途中で折れたりしてしまいます。貫通しない程度の長さを事前に確認しておくと、失敗するリスクも減りますよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう