女性に嬉しい美容デザート!香港で話題の「亀ゼリー」とは

香港や中国で古くから愛されている「亀ゼリー」。その美容(効果)や栄養成分が注目され、あの叶姉妹も香港を訪れたら必ず食べているという噂です。今回は、謎の多い亀ゼリーの効果・効能やどんな味なのか、食べ方までご紹介します。きれいになりたい方必見!

2017年11月27日 更新

謎の美容デザート「亀ゼリー」とは?

「亀ゼリー」と聞いて、ギョッとしてしまう方も少なくないでしょう。中国南部や香港市民に昔から広く愛されている「亀ゼリー」は、亀の甲羅の裏のコラーゲンと、土茯苓(どぶくりょう)、仙草、天草などの漢方薬などの漢方で固めて作ったゼリーです。中国の漢方にもどづいて作られたもので、デザートというよりは体の調子を整える食べ物として愛されています。ゼラチンを使って固めるものではなく、亀の甲羅の裏のコラーゲン成分が、製造過程で蒸されることによって自然に固まるものです。なお、香港では「亀苓膏」(ぐぁいりんごう)と呼ばれています。

今回はそんな「亀ゼリー」について、詳しくご紹介していきますね。

どんな味なの?

日本の通販などで売られているものと、香港現地で食べるものとでは、味がかなり違います。日本の通販で売られているものは缶詰タイプが多く、味も甘みが加えられているので、食べやすいです。一方、香港の町中にたくさんある「亀ゼリー屋」さんのものは、甘みはお客さんが好みの甘さに加えるものなので、出てきたときにはついていません。

甘みを追加せずにそのまま食べると、かなり苦いのが特徴です。それにこの苦さには段階があり、エキスが濃いものほど苦く、お値段も高くなる傾向があります。健康コンシャスな香港らしく、冷たいもので体を冷やしてはダメだと考えたのか、ゼリーなのに冷やしたものだけではなくホットもあるというから驚きです。この「ホット亀ゼリー」はさらに食べにくく、苦さも倍増しているように感じます。慣れている地元の人はそのまま食べる人もいますが、外国人旅行者ならまず、お砂糖かはちみつをかけて食べているそうですよ。

亀ゼリーの効果・効能

美肌効果

亀ゼリーは数種類の漢方薬を煮だして作っているため、デトックス効果があり、さらに亀の甲羅エキスに含まれるコラーゲンで美肌になると言われています。亀ゼリーにはゼラチンが含まれておらず、甲羅に含まれているナチュラルなタンパク質で固まります。つまりコラーゲンの塊なのです。

女優やモデルの間でも、有名になっているようですね。食べる頻度は、1週間に一度程度。ニキビなどには効果が見られやすいとされているので、チェックしておきたいですね。

夏バテ予防に

香港の亀ゼリー屋さんには、こぞって亀ゼリーを食べる地元民の老若男女が居ます。スーツ姿のビジネスマンから、ギャル系ファッションの女の子、新聞を片手に食べているおじいさん、お母さんにはちみつをかけてもらっている子どもまでが、同じ店内にいるのは香港らしい風景といえるかもしれません。

それだけにちょっと調子が悪いときなど、亀ゼリーは香港の人たちに、民間療法的な支持を得ているのかもしれませんね。なかでも夏バテ予防として、積極的に用いられるそう。体の中の熱を外に逃がす働きが期待できるので、暑い時期には試してみたいですね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう