管理栄養士が教える!リンゴ酢ダイエットのやり方とおすすめレシピ5選

「リンゴ酢ダイエット」ってご存知ですか?酢ダイエットのひとつで、なかでも飲みやすいリンゴ酢を用いた方法です。こちらの記事では、管理栄養士がリンゴ酢ダイエットのやり方や、リンゴ酢のおすすめレシピを紹介。リンゴ酢をダイエット中の食事に取り入れてみましょう♪

2020年2月14日 更新

この記事を執筆したひと

管理栄養士 / 渡辺りほ
学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学にもとづいたダイエット方法や食材の知識について発信中。

リンゴ酢ダイエットは効果あり?

リンゴ酢ダイエットとは、リンゴ酢を習慣的に食事に取り入れるダイエット方法です。水で割って飲むほか、調味料として料理に加えるのが一般的。リンゴ酢は、ほかの酢よりも飲みやすいため、酢ダイエットのなかでも続けやすい方法だといえるでしょう。

リンゴ酢にはさまざまな栄養が含まれており、健康維持に役立つ食品のひとつですが、飲むだけでダイエットに成功するとは言い切れません。食生活を見直して摂取カロリーをおさえる、身体を動かして消費カロリーを増やす……このような基本のダイエット方法とともにおこないましょう。

リンゴ酢ダイエットの効果

「クエン酸」が美容に役立つ

リンゴ酢には美容に役立つ「クエン酸」が含まれており、新陳代謝を活発にする作用があります。身体の細胞が正常に働くことで、古くなった角質を取り除いてくれるといわれています。(※1)

酢には肌荒れの原因となる「過酸化脂質」の増加を防ぐというメリットも。コラーゲンの合成に欠かせない「ビタミンC」を破壊する酵素の作用を抑えてくれます。野菜や果物など、ビタミンCが豊富な食べ物とともにとるとよいですよ。(※2)

「カリウム」が血圧を下げてくれる

リンゴ酢は健康維持にも役立ちます。塩分(ナトリウム)を身体の外に排出し、血圧を下げる作用がある「カリウム」が豊富に含まれているからです。リンゴ酢100gあたりにカリウムは59mg含まれています。(※3,4)

また、酢は減塩にも役立ちます。塩水に酢を加えると、より塩辛く感じるといわれるほど。味噌汁や焼き魚に酢をかければ、塩の使用量が少なくてすむというわけです。塩分のとりすぎが気になる方におすすめですよ。(※5)

「酢酸」が丈夫な骨づくりをサポート

骨や歯を形成する「カルシウム」が不足すると、骨が弱くなってしまいます。リンゴ酢に多く含まれる「酢酸」は、体内でのカルシウム吸収を促進する働きが。骨の形成を促し、代謝を改善することが期待されています。

ただし、現段階ではヒト実験での検証ができていません。酢の作用はあくまでサポートとして考え、バランスのよい食生活を送り、乳製品をはじめとしたカルシウムが多く含まれる食品をとることを心がけましょう。(※6,7)
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS