ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

五目寿司とちらし寿司の違い

「五目寿司」とは、日本の家庭料理として、ひな祭りやお祝い行事のときに食べられます。酢飯に調味した干ししいたけ、かんぴょう、にんじん、たけのこ、れんこんなどの具材を混ぜ込み、錦糸卵、焼穴子、えびなどを盛り付けます。

「ちらし寿司」とは、お皿に盛り付けた酢飯に具材をのせるお寿司。具を「散らす」という意味で「ちらし寿司」と呼ばれているんですよ。地域や家庭によっていろいろな具材やバリエーションがあり、名前も「五目ちらし」「混ぜ寿司」「ばらちらし」などいろいろあります。

五目寿司の定番レシピ7選

1. おめでたいときに♪ エビとれんこんの五目寿司

Photo by macaroni

お祝いごと、ひなまつりにもぴったりなのはこれ!淡いピンク色、みどり色、黄色。見た目の華やかさが大事です。れんこんとスナップエンドウは歯ごたえがよく、エビはぷりぷり。ぜひお試しくださいね。

2. ホーローお鍋ごと出せる♪ 塩鮭の五目寿司

お米を鋳物ホーロー鍋で炊いてみませんか?昆布でごはんを炊き、洋風仕立てにする五目寿司を作りましょう。塩鮭はふっくらとしていて、絶妙な塩気がたまりません。またきゅうりとたくあんを加えることで、酢飯に食べ応えが増しますよ。大葉や海苔を振りかけて、風味よくいただきましょう。

3. れんこんがシャキシャキ!卵の包み五目寿司

Photo by macaroni

うす焼き卵で巻くだけで作れる、卵の包み五目寿司です。五目の具はすべてレンジ加熱でOK。ごはんに混ぜて、錦糸卵でくるっと巻けば完成です。スライスれんこんを飾り、三つ葉で結ぶと写真映えするひと品。れんこんの穴は先が見通せる縁起物、三つ葉結びは縁を結ぶと言われています。

4. ひな祭りにぴったり。雛人形の五目寿司

卵を茶巾寿司に仕上げるレシピです。黄色い着物はうす焼き卵で作ります。顔はうずら卵でできあがり。黒ゴマで顔を描きましょう。卵のマイルドな味わいと、具材入りのご飯の相性は抜群。見た目も味も楽しめます。スライスしたサーモンでお花を飾り付けると、華やかになりますよ。

5. 甘辛くておいしい。うなぎと卵の五目寿司

うなぎの蒲焼を飾る五目寿司はいかがですか?うなぎは甘辛く、錦糸卵はマイルドで相性は抜群です。れんこんとキヌサヤはシャキシャキの食感で、歯ごたえがアクセントになりますよ。彩りが華やかなので、お祝いごとやホームパーティーにぴったりなひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ