いろいろな作り方が知りたい!鯖の塩焼きレシピ12選。

皆さんは、どんな調理器具を使って「鯖の塩焼き」を作っていますか?この記事では、グリルやフライパン、オーブン、トースターを使った作り方をご紹介します。皮目をパリッと焼く方法や火加減、焼き時間、おいしくなるコツなど、参考にしてみてくださいね。

2019年10月2日 更新

9. 夕食にいかが? 鯖の塩焼き

鯖がくっつかないようにトースターのトレイにサラダ油を塗ってくださいね。お酒をふりかけてトースターで10分焼いて取り出します。残りのサラダ油を鯖にかけて5分焼きましょう。トースターは1,000ワットを使用。トレイの代わりにオーブン用のアルミホイルでもOK!

オーブンで作る鯖の塩焼きレシピ3選

10. 鯖の塩焼き。キュウリの酢の物を添えて

オーブンは220℃で12~15分予熱しておきましょう。焼き網に薄くサラダ油を引いて、鯖を並べたら、220℃で12~15分焼いてくださいね。レモンを絞ると、さっぱりいただけます。キュウリの酢の物を添えて食卓へ。

11. ブライン液につけて焼いた鯖の塩焼き

水に塩と黒糖を混ぜたブライン液に、しょうがのすりおろしをプラス。お肉をしっとり、ジューシーにさせるやり方を魚でも応用してみました。ブライン液につけたら1時間以上冷蔵庫の中へ。水分を拭き取ってから、200℃に予熱したオーブンで、15~20分焼いてくださいね。

12. 鯖の塩焼きと梅しそご飯

塩をふって5分おいた鯖の水気を拭き取り、もう一度塩をふります。200℃のオーブンで8~10分、皮に焼き色がつくまで焼いてください。魚の油や臭みも梅と青しそでさっぱり。お弁当にもピッタリ!梅干しが甘めがおすすめです。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう