いろいろな作り方が知りたい!鯖の塩焼きレシピ12選。

皆さんは、どんな調理器具を使って「鯖の塩焼き」を作っていますか?この記事では、グリルやフライパン、オーブン、トースターを使った作り方をご紹介します。皮目をパリッと焼く方法や火加減、焼き時間、おいしくなるコツなど、参考にしてみてくださいね。

2019年10月2日 更新

グリルで作る鯖の塩焼きレシピ3選

1. ふっくら焼き上がった鯖の塩焼き

鯖の両面に塩をして少しおくと、魚の臭みが取れてふっくらと焼きあがりますよ。塩の量は、1尾150gなら小さじ半分強程度。少し多いかも?というぐらいでOK!表面の水分はキッチンペーパーで拭き取ってくださいね。

2. 猫の大根アートのせ。 鯖の塩焼き

鯖をお刺身のように斜めに切ってから焼くと、火の通りも良くなり、皮がパリッとしておいしくなりますよ。大根おろしで作った猫ちゃんをのせて。食卓にこんな鯖の塩焼きが出てきたら、家族のテンションもアップ!みなさんも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

3. 柚子こしょう風味の鯖の塩焼き

鯖の表面に隠し包丁をしたら、 柚子こしょうを小さじ2~3杯すり込みます。片面5分ずつ強火で焼くのがコツ。ゆずの香りとピリッとした辛さで、いつもと違う味わいの鯖の塩焼きができますよ。おつまみにもおすすめです。

フライパンで作る鯖の塩焼きレシピ3選

4. 大根おろし&しそたっぷり!鯖の塩焼き

鯖の半身を切り目を入れてフライパンで焼きました。しそと大根おろしをたっぷりのせて、ポン酢をかけて召し上がれ♪ おにぎりとお味噌汁があれば、朝食やランチにもなりますね。時間がないときでもパパッと作れます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう