いろいろな作り方が知りたい!鯖の塩焼きレシピ12選。

皆さんは、どんな調理器具を使って「鯖の塩焼き」を作っていますか?この記事では、グリルやフライパン、オーブン、トースターを使った作り方をご紹介します。皮目をパリッと焼く方法や火加減、焼き時間、おいしくなるコツなど、参考にしてみてくださいね。

2019年10月2日 更新

5. フライパンで蒸し焼きにした鯖の塩焼き

フライパンで鯖を蒸し焼きにしました。焼き色がついたら裏返し。両面をこんがり焼いてくださいね。蓋をしないで焼くと皮目がカリッとなりますよ。ししとうや大根おろしといっしょにいただきます。お好みで醤油やポン酢をかけてくださいね。

6. 鯖の塩焼きと豆もやしのナムル

鯖全体に塩を少々ふりかけたら、中火で熱したフライパンで、両面をこんがり焼きましょう。にんにくとポン酢、砂糖で作ったタレをかけると、さわやかな味わいに。刻みネギや一味唐辛子を散らすと、鯖やもやしとの色のバランスもいいですね。

トースターで作る鯖の塩焼きレシピ3選

7. こんがり焼けた鯖の塩焼き

トースターで簡単に鯖の塩焼きが作れます。受け皿にアルミホイルを敷いて、皮を下にして並べます。塩を振って加熱すれば完成!加熱時間は、ご自宅のトースターのワット数によって、加減してくださいね。ちなみに1,000ワットで10分程度です。

8. 冷蔵庫で数時間放置して焼いた鯖の塩焼き

下処理用の塩をまぶしたら、冷蔵庫で4~5時間放置。鯖を焼く前にサッと水洗いしてくださいね。キッチンペーパーで水気をおさえて塩をふって焼きます。塩を魚に浸透させることによって、アミノ酸が増えおいしくなりますよ。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう