作り方

下準備

・干ししいたけは、分量の水(1L)で戻し、薄切りにする(干ししいたけの戻し汁は、あとで使うのでとっておく)

・麩は水に浸して戻す

・こんにゃくは食べやすい長さに切り、沸騰したお湯で3分ほど下ゆでし、ザルにあげる

・油揚げは熱湯をまわしかけ油抜きをし、水気を切って、短冊切りにする

・じゃがいもは小さな乱切り、にんじんはいちょう切り、さやいんげんは食べやすい長さの斜め切りにする

・ごぼうはささがきにして、水にさっとさらす

・豆腐はさいの目切りにする(温麺にかけて食べるため、みそ汁に入れるときよりも、だいぶ小さめに切るのがポイント)

作り方

1. 鍋に干ししいたけの戻し汁と、じゃがいも、にんじん、ごぼう、しいたけを入れ、中火にかけて沸騰させる

2. 火を弱めて、具材がやわらかくなるまで煮る

3. にんじんがやわらかくなったら、油揚げ、糸こんにゃく、麩、豆腐を入れ、ひと煮立ちさせる

4. みりんとしょうゆを加え、少し煮込んでから味見をする(物足りないと感じたら、しょうゆを大さじ1/2杯ずつ加えて、味を調える)

5. さやいんげんと水溶き片栗粉を加えて、鍋全体をさっと混ぜるとろみがついたら、火からおろします。

6. 温麺を記載のゆで時間より早めにザルにあげ、器に盛る

7. 温麺の上に、煮込んだ具材をたっぷりかけて完成(とろみのついた汁も一緒に注ぎ入れる)

おいしく作るコツ

素朴なおくずかけは、食材の味わいがしっかりと出る料理です。そのため油揚げの油抜きや、糸こんにゃくの下ゆでなど、下ごしらえを丁寧にするのがおいしく作るコツ。また、干ししいたけの戻し汁を活用するのも、味に深みを出す秘訣です。

郷土料理「おくずかけ」を作ってみて!

疲れを癒したいと思った日のごはんは、「おくずかけ」にしませんか?おくずかけの素朴なおいしさには、ほっと肩の力が抜けるような、不思議な魅力がありますよ。

ご紹介した基本のおくずかけレシピを参考に、冷蔵庫にあるもので作ってみてくださいね。宮城県のあたたかい郷土料理、おくずかけから元気をもらいましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ