作り方

1. 鍋に干しシイタケの戻し汁と、いんげん以外の野菜を入れて煮ます

鍋に干ししいたけの戻し汁と、切っておいたじゃがいも、にんじん、ごぼう、しいたけを入れます。中火にかけて沸騰させたら、火を弱めて具材がやわらかくなるまで煮込みます。

2. 油揚げ、糸こんにゃく、お麩、豆腐を入れる

にんじんがやわらかくなったら、油揚げと糸こんにゃく、お麩、豆腐を入れます。ひと煮立ちさせてください。

3. 調味料を入れて味をととのえる

みりんとしょうゆを加え、少し煮込んでから味見をします。味気ないと感じたら、しょうゆの量を大さじ1/2杯ずつ加えて、味をととのえましょう。

4. いんげんと水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

味をととのえたら、いんげんと水溶き片栗粉を加えて、鍋全体をさっと混ぜます。煮込んでとろみをつけたら、火からおろします。

5. 温麺をかためにゆでて器に入れ、煮込んだ具材を汁ごと注ぐ

温麺を記載のゆで時間より早めにザルにあげ、器に盛ります。温麺の上に、煮込んだ具材をたっぷりかけて完成です。とろみのついた汁もいっしょに注ぎ入れましょう。

作るときのコツ

素朴なおくずかけは、食材の味わいがしっかりと出る料理です。そのため、油揚げの油抜きや、糸こんにゃくの下ゆでなど、丁寧に下ごしらえするのがおいしく作るコツ。 また、干しシイタケの戻し汁を活用するのも、味に深みを出す秘訣です。

特集

FEATURE CONTENTS