厳選「おすまし」レシピ15選!上品な味わいを楽しもう◎

日々の食卓に欠かせない汁物。特にだしのうまみがきいたおすましは、食材の自由度が高いのでレシピのバリエーションもたくさんあるんです。普段の食事にもお祝いごとにもよいおすまし。ぜひお好きな組み合わせをいろいろ楽しんでみてください。

2018年12月3日 更新

「おすまし」ってどんなもの?

おすましとは、すまし汁とも言い、お吸い物のなかのひとつです。すまし汁は「すまし(澄まし)」という名称からも分かるように、汁が透明で澄んでいるもののこと。

そのため、ベースはだし汁で、そこに塩や醤油などで味をつけたものが一般的。具材に関しては自由なので、好きなものを選んで入れてみましょう。

ふわふわ優しい味♪ 卵のおすましレシピ5選

1.ミョウガと卵のおすまし

ミョウガのほのかな苦みとシャキシャキとした食感が楽しいおすましです。卵だけでは少しぼんやりしてしまいがちなおすましも、ミョウガを入れることで味が引き締まります。

三つ葉やネギを加えれば彩りもよくなりますね。丼ぶりや揚げ物などボリュームのあるおかずと合わせるのがおすすめです。

2.三つ葉と卵のおすまし

おすましの定番!と言っても過言ではない、三つ葉と卵のおすましです。卵の優しくふんわりとした口当たりと、三つ葉の爽やかな風味が絶妙なバランス。メインのおかずを邪魔しない、上品な味わいに仕上がっています。

お好みで七味唐辛子やもみじおろしなどを入れれば、味が引き締まりますよ。夜食や朝食にもおすすめです。

3.わかめと卵のおすまし

わかめの食感が楽しい、こちらも定番のおすましレシピです。わかめは乾燥したものでも構いませんが、春先の旬を迎えるころはぜひ生わかめで作ってみることをおすすめします。

卵の優しい味わいとほんのり磯の風味を感じられるわかめは、ボリュームのあるおかずと相性ぴったり!特に、中華のおかずがおすすめです。お好みでごま油をたらせば香ばしさがアップしますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう