大坂の郷土料理「肉吸い」の作り方♪ 旨みがじんわり染み渡る

大坂名物「肉吸い」は、地元の方には非常にポピュラーな吸い物です。出汁が体にじんわり行き渡り、一度食べたらやみつきに♪手間のかかるレシピと思われがちですが、万能調味料があれば自宅で簡単に作ることできるんです。ぜひ味わってみてくださいね♪

大阪名物「肉吸い」を手作りしてみよう

肉吸い

Photo by ako0811

肉吸いって?

肉吸いとは大阪の郷土料理です。鰹節や昆布のお出汁香るつゆに、牛肉の薄切りを煮込んで作ります。イメージとしては肉うどんのうどん無しバージョンといった感じでしょうか。

アクを取り除いた透き通ったつゆは、和風出汁と牛肉から染み出た旨みがたっぷり。シンプルながら、飽きのこないお味でお味噌汁のように、時々無性に飲みたくなる深い味わいです。

肉吸いの誕生秘話♪

肉吸いと言えば、難波千日前のうどん屋「千とせ」が有名です。50年以上も続く、うどん屋の老舗であるこちらのお店の名物が、うどん無しのスープを提供し始め、「肉吸い」と定着するようになったんだとか♪

なんでも、吉本新喜劇出演の俳優が二日酔いで訪れ、うどん抜きの肉うどんを注文したことがきっかけで誕生したメニューと言われています。出汁が体に染み渡る心地よい感じは、想像できますよね。口コミでどんどん広がり、今では看板メニューになっているようです。

基本の肉吸いレシピ

おいしそうな肉吸い

Photo by ako0811

一番シンプルな、牛肉と青ネギの肉吸いをご紹介します。肉吸いといえば和風出汁。今回は簡単に白だしで作ってみます。透き通るようなスープに牛肉の出汁が加わり、身体にじんわり染み渡るおいしいスープに仕上がりました。

余計なものが一切入らないレシピなので、あとはお好みで具材や調味料を足しアレンジしてくださいね♪

材料(3人分)

肉吸いの材料

Photo by ako0811

・牛肉の細切れ……130g
・水……2カップ半
・料理酒……大さじ2
・砂糖……ひとつまみ
・白だし醤油……大さじ3
・青ねぎ……2本
・七味唐辛子……少々

作り方

1. 青ねぎは小口切りにします。

小口切りにいたねぎ

Photo by ako0811

細ねぎを使い最後にトッピングをするので、束ねて端から3~4mmの小口切りにします。わけぎや白ネギなどを使ってもおいしいです。その場合は、火が通りやすいよう斜め切りにして、いただく直前に一緒に煮込むと食べやすいですよ。

2. 牛肉の下処理をします。

牛肉の下処理をしている様子

Photo by ako0811

牛肉は大き目にゴロゴロ感を楽しんでも良いですが、今回はスープとして馴染みやすいよう小さ目にカットしています。

沸騰したお湯に分量外の料理酒を少量加え、牛肉を入れます。再度沸騰したらザルに揚げましょう。こうすることで臭みなど雑味のないスープになりますよ。
水気を切った様子

Photo by ako0811

アクがたくさん出た場合は、軽く水洗いしてもいいでしょう。しっかり水気を切っておきます。

3. 牛肉を煮ます。

牛肉を煮ている様子

Photo by ako0811

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう