ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

なす×みょうがの汁物レシピ6選

1. 食感がアクセント「なすとみょうがのみそ汁」

シャキシャキとしたみょうがの食感がアクセントの「なすとみょうがのみそ汁」。みょうがは少し大きめに切ると、食感をより感じやすくなります。食べ応えをプラスしたいという人は、お豆腐や油揚げなどを加えると相性もバッチリ。

2. 洋食にも合う「なすと豆乳の冷製味噌スープ」

洋食にも、和食にも合わせられる「なすと豆乳の冷製味噌スープ」。なすはミキサーで回し、ポタージュのようななめらかな質感に。昆布茶と鰹節を使用し、出汁いらずの味付け♪ 最後に刻んだみょうが、同じ夏野菜のオクラをのせて完成です。夏バテ対策にどうぞ。

3. 鰹節で簡単だし「なすとトマトとみょうが味噌汁」

夏野菜がたっぷりと入った「なすとトマトとみょうが味噌汁」。鰹節をお鍋に直接入れてお出汁をとっている、簡単レシピです。鰹節は取り出さずに、お野菜と一緒に食べても大丈夫。汁物はお野菜をたくさん食べられるので、最近野菜不足だなという方におすすめのひと品です。

4. ごま油のコクが効く「焼きなすとみょうがのお味噌汁」

ごま油のコクと焼いたなすの香ばしい風味が抜群のマリアージュを見せてくれる「焼きなすとみょうがのお味噌汁」。最後にのせるみょうがのさっぱりとした味わいも、濃厚なお味噌汁にぴったり!焼きなすの旨味も、さっぱりとしたみょうがの味わいも夏にぴったりのひと品です。

5. 暑い日におすすめ「焼きなすの冷やしみそ汁」

「焼きなすの冷やしみそ汁」も、暑い日におすすめのお味噌汁。お味噌を溶いただし汁を冷蔵庫で冷やし、そこへ焼きなす、薬味を加えるだけ。焼きなすは、グリルを使うとより香ばしい味わいに。みょうがと大葉が香りが立つ、お上品なお味噌汁が完成です♪

6. おもてなしに「なすのトロトロひんやりスープ」

昆布つゆで作るジェリーをのせ、ユニークな食感と見た目が楽しめる「なすのトロトロひんやりスープ」。ジェリーも器もひんやりさせて食べると、より旨味を感じやすくなります。ジェリーがのったスープは、暑い日のランチタイムやおもてなしなど特別な席のメニューにぴったりです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS