かしこく手抜き。気楽につくれる「お弁当おかず」レシピ集

毎日のお弁当作りは本当に大変ですよね。朝の忙しい時間、少しでも手間を省きたいものです。そこで今回ご紹介するのは、ラクして作れるお弁当おかずです。なるべく包丁は使わない、身近な食材で作るなどいろいろ工夫してみましょう。

2019年5月13日 更新

4. 手でちぎればOK「濃厚黒ごま回鍋肉」

濃厚黒ごま回鍋肉

Photo by macaroni

黒ごまをたっぷりと入れたタレで、キャベツと豚肉を炒め、回鍋肉風に仕上げたひと品。濃厚な黒ごまだれがお肉と野菜によく絡み、コク深く香ばしい味わいに! 野菜は包丁で切るのではなく、手でちぎることで味のなじみがよくなるんですよ♪

5. レンジで作れる「ちくわしゅうまい」

ちくわしゅうまい

Photo by macaroni

ちくわの穴に肉だねを詰めてグリーンピースをのせ、レンジで加熱するだけの簡単「ちくわしゅうまい」。肉だねはビニール袋で揉み込みOK。しかも袋の先を切れば絞り器としての役目も。手も道具も汚れない究極の時短レシピです。ちくわと肉だねの旨味が口いっぱいに広がりますよ。

6. 袋で漬けこみ「うずら卵のピリ辛豆板醤漬け」

うずら卵のピリ辛豆板醤漬け

Photo by macaroni

水煮のうずら卵を調味料と一緒に揉み込むだけの「ピリ辛豆板醤漬け」。材料をビニール袋に入れてモミモミするだけ! 漬け込むときにできるだけ袋の空気を抜くと、ムラなく味が付きますよ。困った時のひと品や、お弁当にもぴったりです。

7. 食材まるごと「新じゃがベーコンの煮っころがし」

新じゃがベーコンの煮っころがし

Photo by macaroni

新じゃがとベーコンというシンプルな食材でできる煮っころがしをご紹介しましょう。新じゃがは皮付きでそのまま使えるのでとっても便利な食材なんですね。甘辛の濃い味がクセになるひと品です。お好みで輪切り唐辛子を加えてピリ辛にするのもおすすめ♪
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう