お弁当作りはなるべくラクしよう

毎日のお弁当作り、苦労していませんか? 何品ものおかずを作るのは本当に手間がかかりますよね。なかには面倒くさいからやめた……なんて人もいるのでは? そこで今回ご提案するのは、気楽に作れるお弁当おかずのレシピです。なるべく包丁は使わない、洗いものを増やさない、身近な食材を使うなど、ラクする工夫をしてみましょう。

1. はんぺんナゲット

Photo by macaroni

最初にご紹介するのは、カリっふわ食感が楽しい「はんぺんナゲット」です。はんぺんと鶏ひき肉、玉ねぎ、調味料を混ぜ合わせて、ひと口分ずつスプーンですくってカリッと揚げ焼きしました。たくさん作ってぜひ作り置きしてみてくださいね♪ 玉ねぎは、みじん切りにしたものを冷凍しておくと便利ですよ。

2. そのまま巻くだけ「うずらのミートボール」

Photo by macaroni

うずらの卵に豚こま肉をギュッと巻いて焼いた「うずらのミートボール」。甘酢だれにたっぷり絡めました。ほどよい酸味とコクがたっぷりなひと品です。コロコロとしたビジュアルはかわいいうえに食べやすく、お弁当にぴったりです♪

3. 包丁いらずの「ころころはんぺんボール」

Photo by macaroni

はんぺんと枝豆やコーンなどカラフルな具材を混ぜ合わせて丸め、香ばしく焼き上げた「はんぺんボール」。はんぺんは調味料と一緒に保存袋に入れて手で潰すので、包丁を使わずパパッと作れます。チーズや大葉など、お好みの具材を入れてアレンジするのもおすすめ♪

4. 手でちぎればOK「濃厚黒ごま回鍋肉」

Photo by macaroni

黒ごまをたっぷりと入れたタレで、キャベツと豚肉を炒め、回鍋肉風に仕上げたひと品。濃厚な黒ごまだれがお肉と野菜によく絡み、コク深く香ばしい味わいに! 野菜は包丁で切るのではなく、手でちぎることで味のなじみがよくなるんですよ♪

5. レンジで作れる「ちくわしゅうまい」

Photo by macaroni

ちくわの穴に肉だねを詰めてグリーンピースをのせ、レンジで加熱するだけの簡単「ちくわしゅうまい」。肉だねはビニール袋で揉み込みOK。しかも袋の先を切れば絞り器としての役目も。手も道具も汚れない究極の時短レシピです。ちくわと肉だねの旨味が口いっぱいに広がりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS