ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

長野県の山賊焼き

長野県の山賊焼きは、すりおろしたニンニク、玉ねぎ、醤油ダレに漬け込み片栗粉をまぶして揚げたもので、一枚肉の竜田揚げのようなもの。地元ではおつまみ、定食、ハンバーガーの具材などで食べられるのが一般的です。

山口県の山賊焼き

山口県の山賊焼きは、骨付きの鶏もも肉を一本使いオーブンや炭火でニンニク風味の照り焼きダレに絡めながら、炙り焼きにしたロースト風。地元では誰もが知るレストラン「いろり山賊」で人気のメニューです。

長野名物「山賊焼き」(調理時間:15分)

材料(2人分)

・鶏もも肉……2枚(500g)
・キャベツ……3枚
・にんにく……2片
・しょうが……2片
・片栗粉……適量
・塩こしょう……少々(下味用)
・サラダ油……適量(フライパン用)
(a)酒……大さじ1杯
(a)砂糖……小さじ1杯
(a)醤油……大さじ2杯

下ごしらえ

・キャベツは食べやすい大きさに手でちぎります。 ・鶏もも肉は余分な脂と筋を取り除き、塩こしょうで下味を付けます。 ・にんにくとしょうがはすりおろします。

作り方

1. 鶏肉に穴を開ける

Photo by macaroni

フォークを使って、鶏もも肉の両面に穴を開けます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ