食べ応え満点!「山賊焼き」の基本&人気のアレンジ5選

山賊焼きとは、長野県松本市・塩尻市を発祥とするご当地グルメ。下味をつけた鶏肉の1枚肉をカラリと揚げたボリュームのあるお料理です。この記事では、山賊焼きの基本レシピと人気のアレンジを5点ご紹介。骨付きの鶏もも肉を一本揚げる山口県の山賊焼きも、ぜひチェックしてみてくださいね。

2019年9月27日 更新

長野名物「山賊焼き」とは

「山賊焼き」とは、鶏肉を大きなまま揚げたり焼いたお料理です。長野県では主に鶏もも肉を1枚の状態で揚げたもの、山口県では骨付きの鶏もも肉を1本焼いたものが一般的です。胸肉やささみなどもも肉以外の部位で作ることもあります。

長野県の山賊焼き

長野県の山賊焼きは、すりおろしたニンニク、玉ねぎ、醤油ダレに漬け込み片栗粉をまぶして揚げたもので一枚肉の竜田揚げのようなものです。地元ではお酒のおつまみ、定食、ハンバーガーの具材などで食べられるのが一般的です。

山口県の山賊焼き

一方、山口県の山賊焼きは、骨付きの鶏もも肉を一本使いオーブンや炭火でニンニク風味の照り焼きダレに絡めながら炙り焼きにしたロースト風。地元では誰もが知るレストラン「いろり山賊」で人気のメニューです。

長野名物「山賊焼き」の作り方

調理時間:15分 ※肉を漬け込む時間は除く

材料

・鶏もも肉……2枚(500g)
・キャベツ……3枚
・にんにく……2片
・しょうが……2片
・片栗粉……適量
・塩こしょう……少々(下味用)
・サラダ油……適量(フライパン用)
・(a)酒……大さじ1杯
・(a)砂糖……小さじ1杯
・(a)醤油……大さじ2杯

下ごしらえ

・キャベツは食べやすい大きさに手でちぎります。
・鶏もも肉は余分な脂と筋を取り除き、塩こしょうで下味を付けます。
・にんにくとしょうがはすりおろします。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう