食べ応え満点!「山賊焼き」の基本&人気のアレンジ5選

山賊焼きとは、長野県松本市・塩尻市を発祥とするご当地グルメ。下味をつけた鶏肉の1枚肉をカラリと揚げたボリュームのあるお料理です。この記事では、山賊焼きの基本レシピと人気のアレンジを5点ご紹介。骨付きの鶏もも肉を一本揚げる山口県の山賊焼きも、ぜひチェックしてみてくださいね。

2019年9月27日 更新

材料

・鶏もも肉……2枚(500g)
・キャベツ……3枚
・にんにく……2片
・しょうが……2片
・片栗粉……適量
・塩こしょう……少々(下味用)
・サラダ油……適量(フライパン用)
・(a)酒……大さじ1杯
・(a)砂糖……小さじ1杯
・(a)醤油……大さじ2杯

下ごしらえ

・キャベツは食べやすい大きさに手でちぎります。
・鶏もも肉は余分な脂と筋を取り除き、塩こしょうで下味を付けます。
・にんにくとしょうがはすりおろします。

作り方

鶏肉にフォークで穴を開けている様子

Photo by macaroni

1. 鶏もも肉はフォークで両面に穴を開けます。
保存袋の中に入った鶏肉と調味料

Photo by macaroni

2. ジッパー付き保存袋に1を入れ、にんにく、しょうが、aの調味料を入れてよく揉み込み、そのまま15分漬け込みます。
片栗粉の中に入れられている鶏肉

Photo by macaroni

3. 2の汁気を切って表面に片栗粉をまんべんなくまぶします。
フライパンの中で揚げられている鶏肉

Photo by macaroni

4. フライパンサラダ油を入れて170℃に熱し、3を皮目から入れて触らずに4分ほど揚げます。裏返して3分ほど揚げたら火を強めて180℃の高温にし、ときどき菜箸で持ち上げて空気に触れさせながらカラリと仕上げて油を切ります。
緑の皿に盛られた山賊焼き

Photo by macaroni

5. 4を食べやすい大きさに切り、キャベツを盛り付けた皿にのせて完成です。

コツ・ポイント

鶏もも肉の表面に調味料の水分があると油はねの原因になるので、片栗粉をたっぷり手で押し付けるようにしてまんべんなくまぶしてください。

仕上げは高温にして空気に触れさせながら揚げると、二度揚げするのと同じようにサクサクの仕上がりになります。時間のある方は1時間以上漬け込むと、さらに味の染み込んだジューシーな山賊焼きになりますよ♪
【レシピ提供 macaroni】
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう