チーズケーキって何種類あるの?糖質やカロリーを比較!

愛されスイーツの定番といえばやっぱり「チーズケーキ」ではないでしょうか。でも、チーズケーキは好きだけど糖質やカロリーが気になるという女子も多いと思います。今回は、チーズケーキの種類やカロリーを比較しダイエッターさんもおいしく食べれるチーズケーキをご紹介します。

2019年1月31日 更新

愛されスイーツ!チーズケーキ♪

数えきれないほどあるスイーツの中でもチーズケーキが一番すき!とう方も多いのではないでしょうか。濃厚でとろける味わいはたまりませんよね。

ひと口にチーズケーキといってもいろんな種類があります。女子はどんな種類のチーズケーキがカロリーや糖質が低いのか気になるところ!今からご説明するのでしっかり確認してくださいね。

レアチーズケーキ

うれしいことにチーズケーキは、ホイップ系、チョコ系、シフォン系と数あるケーキのなかでは糖質が低いケーキなのです。

チーズケーキの種類は大きく分けて三種類あります。まずは、レアチーズケーキをご紹介しますね。

レアチーズケーキは、クッキーやビスケットを砕いた生地の上に生クリームとクリームチーズを混ぜ冷やし固めたケーキになります。18cm型1/8切れを食べたときのカロリーは410kcal、糖質が23.5g

このレアチーズケーキにはたくさんのアレンジ方法があります。ゼラチンを寒天に変えたり、クリームチーズの量を減らしてお豆腐に変更することでカロリーをグッと抑えることができるんですよ。

ベイクドチーズケーキ

シンプルな見た目ながら濃厚な味わいが楽しめるベイクドチーズケーキも人気ですね。ベイクドチーズケーキとは、その名の通り「焼かれたケーキ」のことを指します。

このベイクドチーズケーキは、クリームチーズやマスカルポーネなどと卵黄、小麦粉、コーンスターチなどを混ぜて焼いたチーズケーキのことです。18cm丸型 1/8個分であればカロリーは277kcal、糖質は12.7g

焼きたてはふわふわとした食感を楽しめ、冷やすとしっとりしたなめらかさを感じることができます。どちらにせよ、重量感があり食べ応えのあるのがベイクドチーズケーキです。

スフレチーズケーキ

ふわっとした食感が特徴的なスフレチーズケーキ。実はこのスフレチーズケーキは日本が発祥なんです。海外では「ジャパニーズスタイルチーズケーキ」と呼ばれています。

生クリームを使っていると思われがちですが、スフレチーズケーキは牛乳を入れ卵白と卵黄を別立てにし湯煎でふんわり焼き上げています。

スフレチーズケーキを一人前食べるとカロリーは342kcal、糖質が16.3gとなります。

一番カロリー・糖質が低いのは!

うえのご紹介した通り、チーズケーキの種類は、レアチーズケーキ・ベイクドチーズケーキ・スフレチーズケーキの三種類があります。そして、カロリー・糖質を考え食べるのならベイクドチーズケーキがダイエット向きだと考えられます。

ですが、レアチーズケーキもスフレチーズケーキもチーズの量を減らして、ヨーグルトやお豆腐に変えたり、小麦粉の代わりにおからパウダーを使ったりと工夫してカロリー、糖質を減らすことができます。最近では、ロカボケーキとして豆腐を使ったものも注目を集めつつあります。

おいしく食べたいチーズケーキ

ケーキ屋さんでも、お取り寄せでも大人気のチーズケーキ。カロリーや糖質は気になるけどおいしく頂きたいですよね。

ダイエット向きならベイクドチーズケーキですが、スフレチーズケーキやレアチーズケーキも食べたい!そんな人は、工夫しだいでカロリー・糖質カットできるのであまり我慢せずおいしくチーズケーキ頰張りましょ♪
▼そのほか、気になるカロリー事情はこちら

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう