おいしくて見た目も◎やみつき簡単饅頭レシピ17選

今回は、和菓子のなかでもポピュラーなお饅頭のレシピをご紹介します。お饅頭というと、作るのが難しそうなイメージがありますが、実はとっても簡単!あわせて、お菓子作りには欠かせないベーキングパウダーと重曹の違いについてもご紹介します。

2018年11月5日 更新

重曹とベーキングパウダーの違い

「重曹」は素朴な仕上がりに

重曹はアルカリ性の炭酸水素ナトリウム。酸性の液体を混ぜたり、加熱することで炭酸ガスが発生します。重曹を混ぜた生地は独自の風味と匂いがあり、しっとりとした素朴な仕上がりになります。また生地の色が黄色っぽくなり、苦みが出ることから、味や色の濃いお菓子に最適です。

「ベーキングパウダー」はふわふわに

重曹に助剤を加えて、効率よく生地がふくらむように作られたのがベーキングパウダーです。重曹と違って酸性の液体以外の水や牛乳でも炭酸ガスが発生するので、ベーキングパウダーを生地に加えたらすぐに焼くのがポイント。仕上がりは色も変わらず、ふわふわの生地になります。

重曹でしっとり♪ おすすめ饅頭レシピ5選

1. たっぷりごまあんの黒糖饅頭

しっとりとした黒糖の生地がおいしい甘さ控えめの黒糖饅頭です。中身はこしあんと黒すりごまを混ぜたさっぱりした味のごまあん。見た目も上品に仕上がるので、おもてなしのお菓子にぴったりです♪
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

くまもと たまみ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう