パイ生地を失敗せずに作るためのポイント3つ

1. 冷たい状態で作業する

生地作りの上でもっとも重要なのは、冷たい状態で作業すること。バターに熱が加わってしまうと、食感が悪くなってしまう上、粉とうまく混ざってくれません。バターは切ってから使う直前まで冷蔵庫、もしくは冷凍庫に入れておくのがいいでしょう。薄力粉も冷やしておくとなおよしです。

2. 手の温度にも注意!

手が温かいときや夏場に作業する場合は、ボウルに氷水などを用意し、冷やしながら作業するといいでしょう。生地が少しでも温かく感じたら冷蔵庫に入れて休ませてください。作業する時間は手早く、それ以外はゆっくりおこなうのを心がけてください。

3. しっかり混ぜる

バターと粉が均一に混ざってないと焼き上がりが汚く、味も悪くなってしまいます。バターは切るようにし、粉としっかりと合わせてください。

やりやすい方法で。パイ生地の作り方アイデア3選

1. 焼くまで5分⁉ バターなしでできるザクザク簡単パイ生地

パイ生地を作るというと折り込んで作るイメージがありますが、混ぜて作る方法もあるんですよ。薄力粉、砂糖、塩にサラダ油を入れてすり合わせ、水を加えてまとめたら、パイ皿に敷き詰めてオーブンへ。外国の家庭ではこんなカジュアルな作り方で親しまれているんです。材料を混ぜるだけで簡単なのに、ザクザクしていておいしいですよ。

2. ホットケーキミックスとクラッカーで!ヘルシーパイ生地

こちらはホットケーキミックスとクラッカーを使った生地を使って、簡単なアップルパイ風に仕上げたお菓子です。ホットケーキミックス、卵、牛乳、クラッカーを混ぜ合わせて生地を焼いています。サクサク感はクラッカーで出していて、バターを使わないためさっぱりとヘルシーな味わいですよ。

編集部のおすすめ