18. とろっとやわらかい。冬瓜とツナの煮物

火加減の調整がいらず、便利な電気圧力鍋。火力のコツがいる煮物料理もあっという間に作れます。冬瓜のやさしい味と甘酒の甘さがマッチし、淡白な味わいであっさりとした口当たりです。ツナを缶の汁ごと入れるので、旨味がさらにアップ!

19. 和洋折衷。大根とトマトのみそ煮

トマトと大根、みそを組み合わせる、和風と洋風を掛け合わせたような料理です。コクと酸味のバランスが絶妙で、やみつきになりますよ。電気圧力鍋で煮込めば、大根にしっかりと味が染み込みます。おかずにはもちろん、おつまみにもGood。

20. まるごと使用。玉ねぎスープ

玉ねぎ好き必見のまるごと玉ねぎスープです。とろとろの玉ねぎのおいしさが存分に味わえます。事前に玉ねぎの上の部分に十字の切り込みを入れておくと、食べやすくなりますよ。電気圧力鍋に入れてボタンひとつでよいので、忙しい日におすすめ。

【中級者向け】ひと手間かける電気圧力鍋の肉レシピ

21. 味が染みてる。豚のとろとろ角煮

電気圧力鍋を使えば、煮込み時間がかかる豚の角煮も手軽に調理できますよ。スライスしょうがと長ねぎの青い部分を一緒に下ゆですると、豚肉独特の臭みを抑えられます。しょうゆ、砂糖などの調味料に、はちみつをプラスし、コクと風味をアップ。お好みでゆで卵を入れてもよいですね。

22. メープルシロップで味付け。豚ロースの洋風煮

豚ロース肉をフライパンでソテーし、電気圧力鍋で煮込みます。電気圧力鍋を使うと、豚肉の脂がやわらかく、ジューシーに仕上がりますよ。にんにくが香る甘辛い味付けは、ごはんと相性バツグン。メープルシロップのまろやかなコクがたまりません。

23. 赤ワインで。野菜ときのこのビーフシチュー

具材は火が通りにくいものから順番に電気圧力鍋に加えていくことがポイント。このひと工夫で、牛肉が硬かったり、じゃがいもを煮込みすぎて小さくなってしまったりということを防げますよ。トーストやガーリックライスを添えれば、レストランのような献立になりますね。

編集部のおすすめ