30. 短時間で染み込む。金目鯛の煮付け

味がしっかり染み込む金目鯛の煮付けは、ごはんが進む最高のおかずです。時間がかかる煮付けも電気圧力鍋を使うと、たった5分で完成しますよ。金目鯛の煮付けは一日寝かすとより味が染み込むので、翌日まで楽しんでみてくださいね。

31. プリプリの食感が楽しめる。えびチリ

電気圧力鍋を使うと、店で出てくるような中華料理が失敗なく作れます。ケチャップの甘さのなかに豆板醤の辛味を効かせる本格的な味わいです。プリッとしたむきえびの食感が楽しめます。むきえびと調味料を加圧調理して、最後にとろみを付けるのがうまく作るコツです。

【中級者向け】ひと手間かける電気圧力鍋の野菜レシピ

32. 煮崩れしない。かぼちゃの蒸し煮

かぼちゃを電気圧力鍋で蒸し、調味料に浸して作ります。かぼちゃの加熱と味付けを分けることで煮崩れを防ぎ、味もしっかりと染み込みますよ。かぼちゃのやさしい甘味とほくほく感を堪能できるひと品です。

33. 白みそで。山芋ときのこのグラタン

電気圧力鍋でグラタンを作るという、ユニークなアイデア。いつもとかわった料理にチャレンジしたいときにぴったりです。表面に焦げ目を付けたい場合は、チーズを振りかけてグリルやオーブントースターで加熱しましょう。山芋のふわふわ感と、白みそのコクがたまりませんよ。

【中級者向け】ひと手間かける電気圧力鍋のごはんレシピ

34. ごはんも一緒に。スパイスカレーえびピラフ

電気圧力鍋でごはんも一緒に炊き込むことで、本格的なスパイスカレーえびピラフが作れます。ホールスパイスを使うので、まるでお店のようなおいしさ。スパイスの組み合わせを変えると自分好みの味わいになりますよ。いつもとは違ったカレーを楽しみたい人におすすめ。

35. 子どもから大人まで食べやすい。親子丼

電気圧力鍋だと少なめの水分で調理できるため、鶏もも肉と玉ねぎの旨味や甘味を余すことなく味わえます。子どもから大人まで食べやすいごはんがすすむ味付けです。溶き卵は最後に加えるので、好みのかたさに仕上げられます。

編集部のおすすめ