ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

電気圧力鍋で作る「肉おかず」レシピ11選

1. ほっこりおいしい。鶏むね肉と大根の煮物

鶏むね肉を使う煮物は、あっさりとした味わいと旨味を感じられます。電気圧力鍋で煮込む大根は、味がよく染み込み、とろっとやわらか。里芋入りで、食べ応えバッチリです。さらに食べ応えをアップしたい場合は、鶏むね肉を手羽元や鶏もも肉にかえてもよいですね。

2. 味が染みてる。豚のとろとろ角煮

電気圧力鍋を使えば、煮込み時間がかかる豚の角煮も、手軽に調理できますよ。スライスしょうがとねぎの青い部分を一緒に下ゆですると、豚肉独特の臭みを抑えることができます。しょうゆ・砂糖などの調味料に、はちみつをプラスし、コクと風味をアップ。お好みでゆで卵を入れてもよいですね。

3. しっとりジューシー。和風ローストビーフ

電気圧力鍋なら、肉の焼き加減を気にせずにローストビーフが作れますよ。味付けはポン酢しょうゆとしょうゆで、さっぱりと和風仕立て。赤ワインを使い、本格的な味わいです。スライス玉ねぎと一緒に食べましょう。ワインとのマリアージュを楽しむのも素敵ですね。

4. ハーブ香る。ジューシーサラダチキン

袋に材料を入れて、あとは電気圧力鍋におまかせ。パサつきがちな鶏むね肉も、じっくりと火が通るので、しっとりとした食感に仕上がりますよ。そのまま食べたり、サラダにのせたり、和え物の具材にしたりと、いろいろアレンジできます。作り置きしておけば便利ですね。

5. メープルシロップで味付け。豚ロースの洋風煮

豚ロース肉をフライパンでソテーし、電気圧力鍋で煮込みます。電気圧力鍋を使うと、豚肉の脂がやわらかく、ジューシーに仕上がりますよ。にんにくが香る甘辛い味付けは、ごはんと相性バツグン。メープルシロップのまろやかなコクがたまりません。

6. ほろほろ食感。牛肉のトマト煮

材料をすべて電気圧力鍋に入れてスイッチオン。あとは電気圧力鍋におまかせできる、簡単お手軽レシピです。赤ワインをたっぷりと使うことで、奥行きのある味に仕上がります。肉はほろほろとやわらかく、ほっぺたが落ちるようなおいしさですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ