あなたも豚ホルモン通!豚モツの部位別レシピや下ごしらえの方法

豚のホルモンと聞けばモツがメジャーですが、実はタンやハラミ、豚足だってホルモンの一種に含まれているんです。そこで今回は豚のホルモンについて徹底解明すべく、その種類や下ごしらえの方法、おすすめのレシピなどをご紹介していきたいと思います。

豚のホルモンはこんなに種類がある!

豚には捨てるところがないと言われるほど、ほとんどの部位が食べられるってご存知でしたか?ホルモンにいたっては全部で30種類もあると言われており、その部位ごとに食感も味わいも異なっています。

豚ホルモンの専門店も数多く出店しており、牛ホルモンに負けず劣らず人気を集めているようです。ところがその独特な臭いのせいで、家庭で調理するのはちょっぴりハードルが高く思えてしまいがち。ですがしっかりと下ごしらえをすれば臭いもそれほどしなくなるみたいなので、みなさんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

豚のホルモンはどこで買える?

豚のホルモンはスーパーの精肉コーナーに置かれていますが、売り場に出ていない場合でも、お店の人に声をかけると奥から出してくれることもあります。

あまり出回っていない希少部位なら、精肉店やインターネットによる通販サイトで購入するとよいでしょう。

豚ホルモンの臭いを取る方法

脂を取る

豚ホルモンの独特の臭いを生み出している原因となっているのが脂です。店頭に並んでいる段階で、脂がきれいに取り除かれていることもありますが、通常は白い脂がびっちりとこびりついています。

水で洗う前にこの脂を手でブリブリっとむしり取ると、臭いがだいぶ和らぎます。冷蔵庫から出してすぐに行えば、脂肪が固まっているので作業が楽チンです。

小麦粉で洗う

脂を取って軽く水洗いしたホルモンをボールに入れ、そこにたっぷりの小麦粉を入れます。力強くごしごしともみ込み、汚れやぬめり、臭いを小麦粉に吸収させてしまいましょう

あとはザルに移して流水で小麦粉をしっかりと洗い流します。この作業を2回ほど繰り返し、キッチンペーパーで水気をきちんと拭き取ればこの工程は完了です。

お湯で茹でる

次に、鍋にたっぷりの湯を沸かし、豚ホルモンを入れて1~2分ほどサッと茹でます。その後一度ザルにあげて湯切りし、白濁しなくなるまで2~3回ほどお湯で洗い流しましょう

この際、冷たい水で洗ってしまうと脂肪分が固まってしまうので、臭いをきっちり取るためにも必ずお湯を使うようにすることがポイントです。

香味野菜を入れて茹でる

最後に、鍋を一旦きれいに洗い、再び湯を沸かします。沸騰したらホルモンを入れ、酒、長ネギ、ショウガを加えてモツが軟らかくなるまで 水を足しながら茹でていきましょう

煮込み料理に使用するなら、このまま調理することができます。炒め物の場合は、ホルモンの水気をしっかりと切ってから使用してください。

部位別◎豚のホルモンの種類

頭・顔部分

「タン」は舌のこと。牛タンに比べると3分の1程度の大きさで、脂肪が少なく歯応えがあります。牛タンに比べて安価なので、焼肉店でも人気の部位です。

「タンシタ」は舌の付け根にある柔らかい部分です。脂肪も適度にあり、タンの食感とは異なる肉っぽさが特徴的。

「カシラ」は、こめかみから頬にかけての部位を指します。筋肉が発達し脂肪は少なめですが、旨味は強く、やや硬めの食感が特徴です。

「のど軟骨」は、豚ののど仏にある気管部です。のど軟骨を丸くスライスしたものを「ドーナツ」と呼び、カリカリになるまでしっかりと焼くと、コリコリとした独特の食感が楽しめます。

「トントロ」は首の肉で、豚1頭からわずか300gほどしか取ることができない希少部位です。トロのように脂がのっており、口のなかでとろけるような食感とコリコリとした歯応えが楽しめます。

乳房・足・横隔膜

「チチカブ」は、メス豚の乳房とバラ肉の間にある「乳腺」と呼ばれる部位です。ミルキーな味わいで、トントロに近い独特の食感が楽しめます。

「豚足」は、その名の通り豚の足の部分です。身は少なく、皮とスジ、軟骨から成っており、コラーゲンを多く含んでいるのが特徴的。煮たり茹でたりして食べるのが通常です。

「ハラミ」は、バラ肉と横隔膜の間にある部分です。脂肪は少なく、しっかりとした肉の食感が楽しめるので、焼肉店でもたいへん人気のある部位ですね。

内臓別◎豚のホルモンの種類

特集

SPECIAL CONTENTS