ローディング中

Loading...

栄養価が高く、積極的に食べたいレバー。しかし下処理を丁寧に行う必要があります。牛乳を使った定番のものから、別の方法もご紹介していきます。くさみをしっかりと消してから、おいしく食べるためのレシピもまとめていますよ。

おいしいレバーの決め手は下処理にあった

レバーには鶏・豚・牛とそれぞれ種類があります。レバーには豊富な栄養価が含まれており、そこまでカロリーが高くないため人気のある食材です。誰しもがご存知のように、豊富な鉄分を含み、妊娠中の方や子供も積極的に食べた方がよいとされています。
ただひとつ問題なのは、下処理が大変であるということです。血抜きなどの下処理を敬遠されがちで、これによって独特のくさみや食感が残り、好き嫌いが分かれてしまうのですね。

しかし、この下処理をしっかりと丁寧に行うことによって、くさみが取れて味わいが残っていきます。口の中でくさみのないレバーは、おいしいの一言に尽きます。

今回は、そんなレバーを調理する上で一番大切な「下処理」の方法をご紹介していきます。

実はレバーの下処理は簡単

レバーを調理する際に一番大切な下処理。そもそも下処理はそんなに大切なのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。中には軽く処理して焼いたり煮たりすれば、他の味でごまかせるのでは?という方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際は下処理は非常に大切です。下処理を怠った状態で焼いたり煮たりすることによって、他の食材にレバーのくさみが移り、料理全体の味が落ちてしまうのです。そのため、下処理は必ず丁寧にしていく必要があると言えるのです。

肉の種類によってやり方は違うの?

下処理をするレバーには大きく牛・豚・鶏の3種類があります。レバーの種類によって処理方法が違いますから、この種類を把握することは非常に大切です。レバーの下処理方には、塩もみや水洗い、牛乳に漬け込むなどありますが、それはレバーの種類によって代わってくるのです。

牛乳に漬けて下処理をするのは「豚」・「牛」のレバーです。牛乳に漬け込む場合は、レバーのにおいが下ごしらえ段階で気になるタイミングです。中でも「豚レバー」の場合は、下ごしらえの前に水洗いをしてから、ボールに水を張って1時間程浸け血抜きしていきます。その間、数回水を換えます。

「牛レバー」の場合は、揉まずに流水にさらして水がきれいになるまで血抜きしていきます。

「鶏レバー」の場合は、くさみはそこまで気にならないので、軽く水洗いをしたあとに、血の固まりを手で取り除くか、太い血管なら中を流水で洗えばくさみは取れるでしょう。

レバーの下処理方法

塩を使う

レバーの下処理の方法にはいくつかの方法が存在していきます。その方法は、レバーの種類などに応じて変える必要があるのです。

今回は、鶏レバーを使う際の下処理方法として「塩を使う」パターンをご紹介していきます。塩を使う際には、レバーを一口大にカットした後、まずは水洗いをしていきます。丁寧に水洗いをしたら、ひとつかみの塩とたっぷりの水をボールに入れて、そこにレバーを入れていきます。

20分ほど漬け込むのですが、この間に何度か水を取り替えることで、よりくさみを取ることができるのです。

牛乳を使う

レバーのくさみ取りに一番効果的なのが「牛乳」です。牛乳には、くさみを吸収する成分が含まれており、この成分によってレバーのくさみを取り除いていくことができるのです。レバーの血生ぐささを牛乳が吸収することによって、よりおいしい状態に仕上げていきます。

処理の方法としては、まず食べやすい大きさにカットしたレバーを水洗いしていきます。水洗いが終わったレバーをボールに入れて、レバーが浸かるぐらい牛乳を入れましょう。1~3時間ほど漬け込むことで、レバーのくさみを取り除いていくことができます。

塩や水よりは時間が掛かりますが、くさみを取るのには最適な方法です。牛乳に似た豆乳もありますが、豆乳には独特な青臭さがあるので、豆乳で処理をすることでまた違ったくさみがついてしまいますから、代用にはしない方がよいでしょう。

氷水にさらす

レバーの下処理をする前段階で重要となるのは、下ごしらえになります。この下ごしらえから下処理の流れが上手くできていないと、レバーのくさみを取り除くことは難しくなってしまいます。下ごしらえ段階というのは水洗いになります。

レバーにはくさみの元となる血があります。この血抜きをしっかりとすることで、下処理の際にくさみを一番取り除いていけるのです。

血抜きの際に一番血を抜けるのは、氷水です。氷水で血抜きをすることで、下処理をうまく行うことができます。ただ、氷水に漬け込みすぎるとレバーに含まれているビタミンなどの栄養素も一緒に抜けてしまうので、時間に注意が必要ではあります。

酒やお酒を使う

レバーを和食として調理する場合におすすめの下処理方法は、「酒」と「醤油」に漬け込むことです。

酒に含まれるアルコールと醤油に含まれる大豆の栄養素が、レバーのくさみを取り除いてくれるのです。

処理方法としては、酒大さじ3と醤油大さじ2にレバーを入れて30分漬け込むことです。これによって、レバーの匂いを消し、下味までつけることができるのです。

お酢を使う

レバーを酢に漬け込むことで下処理する方法もあるのです。

酢にレバーを漬け込むことによって、レバーの肉を柔らかくして、くさみを取ってくれます。そのため、レバニラなどを作るときには酢を使って下処理することがオススメです。

下処理の段階で塩もみの段階で酢も一緒に入れて揉んでいくことで、くさみを消すことができます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

簡単デリ風で差をつける♩「さつまいも」のおしゃれなサラダレシピ14選!

レシピ おしゃれ さつまいも サラダ まとめ

甘くてホクホク、子どもから大人までみんなが大好きなさつまいも。サラダにすれば簡単においしくおしゃれな一品の完成です。お好みの調味料や素材と合わせるだけで、おしゃれなデリ風サラダに。ランチやディナー、お弁当にも…

ほろほろ「牛すじカレー」のレシピ!簡単なコツでレストラン並みの味わいに

カレー

ほろほろの食感がたまらない「牛すじカレー」。今回は、圧力鍋で作る牛すじカレーのレシピをご紹介します。炊飯器を使ったレシピなど、圧力鍋を使わない牛すじカレーの作り方もチェック!家計にやさしい牛すじ肉を、上手に使…

ひんやりアイスの超簡単な作り方!おすすめレシピ18選

アイスクリーム まとめ

少ない材料で簡単に作ることができるアイス。家で作れば分量を調整できて、好きなフレーバーにできます。今回は、牛乳や生クリームを使ったアイスの作り方をご紹介します。混ぜて凍らせるだけの簡単レシピばかりですよ!

牛乳オンリーの自販機!? 秋葉原「ミルクスタンド」のレア感にネット民騒然…!

秋葉原

東京・JR秋葉原駅の5番ホームには、牛乳専門の自販機やミルクスタンドがあり、全国の牛乳が飲めるのをご存知ですか?「オタクの聖地」秋葉原らしく、牛乳専門とはマニアックですね。いったいどんなお店なのでしょうか?

なつかしの味「ミルメーク」とは?種類や販売店が知りたい!

ミルメークとは、学校の給食で子どもたちが牛乳を残さないように作られた、粉末状のパウダーのこと。現在も駄菓子屋さんや100均で売られており、根強い人気があります。今回はそんなミルメークについてご紹介!なつかしの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まだまだある!チキンラーメンの「タイプ別」簡単アレンジレシピ15選

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつありますが、世の中にはまだまだ知らないアレンジレシピがたくさん!今回は、簡単にできるチキンラーメンの人気アレンジレシピをご紹介します。ご家庭…

身体に良い生姜を使ったおやつのレシピ「10」選♡

生姜 おやつ お菓子 まとめ レシピ

生姜は身体の血行を良くしてくれて、身体も温めてくれる効果があると言われています。そんな生姜を使ったおやつのレシピを10選しました♪生姜を食べて、冷え知らずのぽかぽか身体を目指しましょう♪

ふわトロ食感に夢中♩「カルボナーラサンドイッチ」レシピ5選

レシピ まとめ パン サンドイッチ

カルボナーラといえばパスタ、はもう一昔前の常識になっているようです!今回はカルボナーラサンドのレシピをご紹介します。色目も美しく栄養も満点♩お子様も一緒に作ってみるのも楽しそうです!

餃子だけじゃない!ラー油を使ったレシピまとめ

ラー油 レシピ まとめ

餃子にはかかせないラー油、どちらの家庭でも常備されてますよね。でも意外と使い道がなくて、気づけば賞味期限が切れていた...なんてことありませんか?そんなラー油を無駄なく活用できるレシピをご紹介!もう余らせない…

まるでフルーツの宝石箱♡絶品フルーツサンドレシピまとめ

レシピ フルーツ スイーツ サンドイッチ ランチ フルーツサンド まとめ

ふんわり食パンに、たっぷりのフワフワホイップクリーム&カラフルなフルーツ♡まるでフルーツの宝石箱みたいなレシピですよね!!ランチで食べます?それともおやつにします?いつ食べてもおいしい♡フルーツサンドレシピ紹…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スカンジナビアモダンUrsula(ウワスラ)シリーズで食卓を楽しく明るく♪

マグカップ デンマーク

Ursula(ウワスラ)シリーズはデンマークをはじめとして世界各国で愛されていたロイヤルコペンハーゲンのシリーズ。この度ブランドをKAHLER(ケーラー)社に移し復刻しました。独特のフォルムをもつこちらのブラ…

知っておきたい!一般のワインとオーガニックワインの違いとは

ワイン

オーガニックワインとは「オーガニック農業で栽培したぶどうから造ったワイン」のこと。ぶどうの栽培、ワインの熟成プロセスまでを、できるだけ自然な環境で材料を作り、製造したワインなんです。

食べ過ぎたあとの48時間が勝負!翌日にできるリセット術まとめ

食べ過ぎてしまったときに落ち込む女子も多いのではないでしょうか?しかし、落ち込むのはまだ早いです!食べたものが体の脂肪に変わるのは、食べてから約48時間と言われているので、食べ過ぎても翌日で十分リセットが可能…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る