ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

レバーは冷凍保存できる!

Photo by 長曽我部真未

レバーは冷凍保存が可能な食材です。冷凍保存する前には下処理が必要で、鶏と豚・牛と種類により、下ごしらえ方法が異なります。新鮮なレバーを正しい方法で冷凍すると、2~3週間程度保存できますよ。この記事では冷凍保存の方法やポイントについてご紹介します。

この記事でわかること

  1. 生レバーの保存方法と期間
  2. レバーの下ごしらえ方法
  3. 調理済みレバーの保存方法と期間

レバーを保存する際のポイント・注意点

なるべく新鮮な状態で冷凍する

レバーを冷凍する際、新鮮な状態のほうが味や食感などの劣化が抑えられ、おいしく食べられます。特にレバーは冷蔵保存だと賞味期限が短いので、なるべく早く冷凍するのがおすすめ。購入したらすぐに食べる分と冷凍する分とにわけ、計画的に使い切りましょう。

下処理してから冷凍する

レバーはそのままでは臭みや血の塊などがあるため、下ごしらえをします。あらかじめ下処理をしておくと、料理によっては解凍せずにそのまま使うこともできますよ。料理に合わせて食べやすい大きさに切っておくと、忙しいときもさっと使えて便利です。

また、下ごしらえのあとに下味につけてから冷凍しても構いませんよ。

薄く広げて冷凍する

レバーは薄く切り、重ならないように平たく並べてください。ムラなく冷凍できたり、品質や食感、味の劣化を抑えたりすることができます。また、短時間で解凍できるメリットも。金属のバットやトレイにのせると、さらに早く冷凍できますよ。

豚と牛レバーは同じ保存方法でOK

豚と牛のレバーは形が似ており、特有の臭みがあるため同じ方法で冷凍保存します。焼肉やレバニラ炒め、煮込み料理など調理法により、切り方はお好みで変えて構いません。また、鶏と比べると独特の臭みが強いので、下ごしらえでしっかり臭みを取ると、おいしく食べられますよ。

鶏レバーの冷凍保存方法

鶏レバーの下処理方法

Photo by 長曽我部真未

ハツとレバーに切り分けます。ハツは縦半分に切り、血の固まりを包丁でこそぎ取ります。レバーはふたつの固まりに分かれている部分で切り、さらに大きな固まりを縦半分に切ります。

Photo by 長曽我部真未

鶏レバーとハツをバットやボウルに入れ、水が濁らなくなるまで流水でしっかり洗います。

Photo by 長曽我部真未

ザルにあげて水気を切り、キッチンペーパーでさらに水気を拭き取ります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ