韓国風すき焼き「ちりとり鍋」とは?おすすめレシピと東京・大阪の人気店

お肉も野菜もたくさん食べられる大阪発祥の鍋料理「ちりとり鍋」。居酒屋のメニューに載っているだけでなく、専門店も存在しているんです。今回は、自宅でも作れるおすすめレシピやちりとり鍋のルーツや東京と大阪のおいしいお店をご紹介します。

関西でブームの「ちりとり鍋」とは

全国で食べられているちりとり鍋ですが、その生まれは大阪市生野区と言われています。
万才橋(まんざいばし)という鉄板焼き屋さんの初代店主が、鉄工所を経営。彼の作ったお鍋がちりとりに似ていたことから、ちりとり鍋と呼ばれるようになりました。

しょうゆや味噌ベースの味付けが主なちりとり鍋は、「韓国風こってり鍋」という別名があり、コチュジャンなどを使って少しピリ辛に仕上げられています。具材には、関西でなじみの深い牛のホルモンを使用。大腸やハラミ、ミノなど、数種類のホルモンがひとつの鍋で味わえます。

タレに付け込んだホルモンとざく切りにした野菜を、ちりとり鍋で加熱すれば完成の簡単鍋。
こってりとしたちりとり鍋のおダシを使い、うどんや雑炊といったシメを楽しむこともでき、最後まで満足のお鍋です。

インパクトのある見た目と、こってり味が人気となり関西各地でブームに。ちりとり鍋専門店などのオープンがきっかけとなり、今では全国にも、ちりとり鍋を提供するお店が増えています。

ちりとり鍋のレシピ

簡単シンプル 基本のちりとり鍋

鍋に、ホルモンを並べます。キャベツ、にんにく、牛スライス、ニラを乗せます。あとは火をかけるだけで完成です!

さっぱりヘルシーなトマトちりとり鍋

鶏肉を一口サイズに切り、水で煮ます。煮えたら取り出しておきます。取り出したらカットトマト、鶏ガラスープの元、塩こしょうを入れてスープを作ります。

野菜や豆腐を切ります。鍋に野菜を盛り、その上から豚バラ肉をかぶせます。回りに豆腐やえのき、トマト鶏肉、ウインナーを乗せます。回りからスープを流し入れれば完成です。

おトクな豚バラで簡単ちりとり鍋

玉ねぎは薄切りにし、きゃべつとニラはざく切りにします。しめじは石づきを取りばらしておきます。味噌、豆板醤、砂糖、醤油、焼き肉のタレ、水をボウルにあわせタレを作ります。

ホットプレートに玉ねぎ→ホルモン→もやし→キャベツ→しめじ→ニラ→豚バラ→キムチの順番に重ね、タレをかけます。あとは、蓋をして火にかけ蒸し焼きにすれば完成です。

東京でちりとり鍋が食べられるお店2選

渋谷「金太郎」

大阪のミナミと呼ばれる地域、難波で有名な「テッチャン鍋金太郎」の東京支店である「金太郎 渋谷店」。ここでは、本場大阪の味が食べられるということで、芸能人なども足を運ぶお店です。
テーブル席がメインとなっている店内は、各テーブルにコントとちりとり鍋がセットされており、ちりとり鍋を食べにくるお客さんの多さがうかがえます。
清潔感が漂い空調もしっかりと効いているので、居心地よくちりとり鍋を食べられるお店です。
【ホルモン盛り合わせ 1,000円】
ホルモンを使ったお料理を中心としたメニューが並ぶ中、テッチャン鍋という名前で提供されるちりとり鍋。

赤くて辛そうなタレですが、食べてみると辛みよりも甘さを感じる優しい味わいです。もやしは豆もやしが使用されており、歯ごたえも楽しむことができます。

シメには甘辛いタレの雑炊が待っているので、具材をおかわりしすぎないように注意してくださいね。
【店舗情報】
住所:東京都渋谷区道玄坂2-23-13 渋谷デリタワー 7F
TEL:03-3477-0981
営業時間:【月~木】17:00~24:00 【金・土・祝前】17:00~02:00
定休日:不定休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13114341/

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう