韓国風すき焼き「ちりとり鍋」とは?おすすめレシピと東京・大阪の人気店

お肉も野菜もたくさん食べられる大阪発祥の鍋料理「ちりとり鍋」。居酒屋のメニューに載っているだけでなく、専門店も存在しているんです。今回は、自宅でも作れるおすすめレシピやちりとり鍋のルーツや東京と大阪のおいしいお店をご紹介します。

2017年9月15日 更新

東京でちりとり鍋が食べられるお店2選

渋谷「金太郎」

大阪のミナミと呼ばれる地域、難波で有名な「テッチャン鍋金太郎」の東京支店である「金太郎 渋谷店」。ここでは、本場大阪の味が食べられるということで、芸能人なども足を運ぶお店です。
テーブル席がメインとなっている店内は、各テーブルにコントとちりとり鍋がセットされており、ちりとり鍋を食べにくるお客さんの多さがうかがえます。
清潔感が漂い空調もしっかりと効いているので、居心地よくちりとり鍋を食べられるお店です。
【ホルモン盛り合わせ 1,000円】
ホルモンを使ったお料理を中心としたメニューが並ぶ中、テッチャン鍋という名前で提供されるちりとり鍋。

赤くて辛そうなタレですが、食べてみると辛みよりも甘さを感じる優しい味わいです。もやしは豆もやしが使用されており、歯ごたえも楽しむことができます。

シメには甘辛いタレの雑炊が待っているので、具材をおかわりしすぎないように注意してくださいね。
【店舗情報】
住所:東京都渋谷区道玄坂2-23-13 渋谷デリタワー 7F
TEL:03-3477-0981
営業時間:【月~木】17:00~24:00 【金・土・祝前】17:00~02:00
定休日:不定休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13114341/

新宿「米助」

こちらは、JR新宿駅の中央東口より徒歩2分ほどのところにある個室居酒屋「米助」です。

こちらのお店では、話題の地鶏「総州古白鷄」を贅沢に使った鶏料理や松山漁港から取り寄せている新鮮な魚の盛り合わせを個室で楽しむことができます。

さまざまなシーンに対応できる個室が完備されている点も嬉しいです♩
【ちりとり鍋】1,080円
こちらが名物の鍋メニューである「ちりとり鍋」です。コラーゲンがたっぷり含まれており、女性に人気な一品です。

豚ホルモン、野菜盛合せ、キムチなど食材を、鍋からこぼれんばかりに山盛りにし、オリジナルのコクのある超濃厚なタレで煮込むのが特徴です。

大阪でちりとり鍋が食べられるお店2選

心斎橋「兆治」

御堂筋線心斎橋から徒歩5分ほどの所にあるモツ鍋の有名店「兆治」。メインの鍋は甘辛な味付けなので、お酒が進みます。〆のチャーハンや雑炊もおすすめですよ!

店員さんが全て作ってくれ、食べごろや追加のおすすめも教えてくれます。隠れ家的でアットホームな雰囲気なだけに、常連客の方も多いみたいです。
【テッチャン鍋+バラ】 2,470円
上の写真はテッチャン鍋にロース肉を追加したメニューです。初めて来店される方は、まずこちらのテッチャン鍋を食べるお客さんが多いみたいです。

見た目のインパクトもさることながら、ダシの味が染み込んでいて最高、という口コミが多々あります!
【店舗情報】
■店舗名:兆治
■最寄駅:大阪難波駅
■住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-3-22
■電話番号:06-6212-5408
■営業時間:17:00~24:00
■定休日:無休
■禁煙・喫煙:全面喫煙可
■参考URL:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27013323/

鶴橋「やなちゃん」

鶴橋駅より徒歩10分ほどのところにある、オレンジの看板が印象的なちりとり鍋専門店「やなちゃん」。大阪でちりとり鍋ならここしかない、というほどの大人気店なんです。

リピーターのお客さんが多く、おいしすぎてダシまで飲み干してしまう強者も少なくないんだとか。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう