どうしてもレバーの臭みが気になる時は

鳥レバー炒め

鶏レバーの下処理をした結果、それでもくさみが気になる方もいるかと思います。その際はくさみを取ることのできるにんにくと一緒に炒めることで、和らげることができます。 レバーの下処理を酒と醤油を使っておこないます。下処理を終えたレバーとにんにくをサラダ油をひいたフライパンで炒めましょう。 にんにくを事前に炒めておくことでにんにくの香りをレバーに付けることができます。最後にごま油をかけたら完成です。

豚レバニラ

豚レバーは鶏レバー以上ににおいが気になることがあります。そんなときはニラと一緒に炒めることで、くさみを軽減することができます。 下処理を行ったレバーとニラを炒めていきます。そこに調味料を全て加え、軽く炒めたら完成です。

牛レバカツ

牛レバーのくさみが気になってしまう方は、カツにしてソースとともに食べることで比較的気にせずに食べることができます。サクッとした食感と、レバー独特の食感を楽しめますよ。 牛レバーは、食べやすい大きさに切り、牛乳に15分漬け込んでおきます。その後、水で良く洗い、ハーブソルトを振ります。レバーに小麦粉、水溶き小麦粉、パン粉をまぶしてカラッと揚げたら完成です。

完璧な下処理でおいしいレバーを

夏を乗り切るのに欠かすことのできないレバー。レバー独特の食感と旨味を思う存分楽しんでいきたいのは誰しも同じ気持ちです。 だからこそ、今回ご紹介したようにレバーは「下処理」がとても重要となっていきます。下処理によってくさみの取れたレバーは口の中で旨味だけが広がっていき、癖になること間違いなしなのです。レバーの種類や調理法に合わせて、レバーは下処理方法を変えて丁寧に行っていって下さい。
▼レバーをもっとおいしく食べられるレシピはこちら

特集

FEATURE CONTENTS