鶏レバーっておいしい♪ 簡単下処理と定番の甘辛煮&おすすめレシピ

鉄分たっぷり鶏レバーのレシピをご紹介します。独特の臭みを持つ鶏レバーですが、きちんと下処理をすれば臭みを消すことが可能!豚、牛に比べて下処理が簡単なことも魅力です。簡単な臭み消しの方法のほか、定番の甘辛煮、苦手な方が食べやすいレシピも要チェックですよ!

2019年10月16日 更新

臭み消しを丁寧に。鶏レバーの下処理方法

鶏レバーは豚や牛より臭みが弱いため、牛乳を使わなくてもOK。簡単にできるので、丁寧に作業しましょう。

用意するもの

・鶏レバー ・水

手順

1. 鶏レバーをザルに入れ、軽く水洗いします 2. 血管や血のかたまりを包丁や手で取り除きます 3. もう一度鶏レバーを水洗いします

定番はこれ!「鶏レバーの甘辛煮」のレシピ

ごはんはもちろん、おつまみにもぴったり!鶏レバーの定番料理、甘辛煮です。鶏レバーの下準備は熱湯でゆでるだけ。ひと口大に切ったら、調味料といっしょに鍋で煮るだけなので簡単です。 調味料も常備しているものばかりなので、とってもシンプル。こってり甘辛味ですが、千切りのショウガ入りでさっぱり感もありますよ。仕上げにふる粉山椒が、風味をアップしてくれます。

ほかにも♪ 鶏レバーの人気レシピ7選

1. 鶏レバーのからあげ

鶏レバーが苦手な方も唐揚げにすると食べやすくなりますよ。水洗いで下処理をした鶏レバーに下味をつけ、10分おいたら衣をまぶして揚げるだけ。油の温度は少々低めに設定し中までじっくり火をいれてくださいね。揚げたてあつあつを召し上がれ。

2. 鶏レバーの焼き鳥

ビールやお酒が欲しくなる、濃厚な味わいを楽しめる焼き鳥です。焼く前に水と酒でじっくり煮込むのがポイント!蓋をして低温で煮込むため、ふわふわの食感になりますよ。こんがり焼き上がったら、パンチの効いたソースをかけて召し上がれ♪

特集

FEATURE CONTENTS