ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

便利&ヘルシーな「大根おろしの汁」!

いろいろな料理の名脇役として活躍してくれる「大根おろし」。淡白な味の食材・大根は、煮物や炒め物などでもおいしく食べることができますが、加熱すると減ってしまう栄養もあるので、健康への効果を考えるなら生のままが一番♪そのパワーは、昔から「大根おろしに医者いらず」と言われるほど。そして、その成分がたっぷりと含まれているのが、捨てられてしまうことも多い「大根おろしの汁」。 ここでは、このとってもヘルシーな「大根おろしの汁」を使い道を5個と、おすすめレシピを10個ご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

捨てずに使う!大根おろしの汁の使い道5選

1. ドリンクとして

「大根おろしの汁」は、栄養がたっぷり♪汁は辛めですが、ジュースと混ぜて飲むと飲みやすくなります。アップルジュースとの相性がいいのでおすすめ。また、ハチミツを加えて混ぜたものを飲むとおいしいので、そちらもぜひおためしあれ。シンプルな「大根おろしの汁」の活用法です。

2. つけ汁・麺つゆとして

「大根おろしの汁」に醤油などを加えて、そばやうどんなどのつけ汁を作ってみると、さっぱりと食べることができます。一度やってみたら、ハマるおいしさだと評判♪希釈タイプのめんつゆを使う場合には、「大根おろしの汁」と水を半々くらい。加熱することなくそのまま使えるので、大根おろしの成分を壊すことなく身体に取り込むことができるとか。

3. 古米もおいしく!

古いお米って、においがちょっと気になったり色が黄色っぽくなったりして、あまりおいしくない印象がありますよね。そんなときには、「大根おろしの汁」の登場です。ご飯を炊くときに、「大根おろしの汁」を少量加えて炊くことで、ご飯が白く炊き上がります。ちょっとおいしくなさそうな古いお米を炊くときには、ぜひ試してみてください♪

4. あく抜きに使う

食べるまでに手間暇かかるのでなかなか手が出せない食材・皮付きのたけのこ。あく抜きの作業に一晩かかったりとやたらと面倒ですよね。けれども、大根おろしの汁を使うことで、その手間を劇的に省くことができるのです。たけのこを大根おろしの汁に1時間浸けておくだけで、あく抜きは終了!驚きの効果を発揮してくれるので、ぜひお試しください♪

5. お肉に漬け込む

硬めのお肉でも、大根おろしの汁に漬け込んでおくと柔らかくすることができます。やり方も簡単!食品用の密閉できる袋にお肉と大根おろしの汁をひたひたに浸かるくらい入れて、軽くもみます。そして、30分くらい放置!これだけで、お安いお肉でも見違えるほどのおいしさに♪大根はすりおろしてから時間がたたないうちに使うのがポイントです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS