おろして使うが常識に!?「大根おろし」の栄養効果&人気レシピまとめ

お料理に添えられる大根おろし、残さず食べていますか? 脇役になりがちな大根おろしには、実はメインとして食べてほしいくらいの栄養効果がたくさん!この記事では、大根おろしの効果効能や辛みを抑えるおろし方、人気のアレンジレシピまでたっぷりご紹介します。

2019年10月16日 更新

大根を大根おろしにするメリット

栄養素を効率よく摂取できる

大根には「イソチオシアネート」という辛味成分が含まれています。この成分、実は切ったりすりおろしたりして細胞を壊すことで表に出てくるんです。揮発性が高い(空気に溶けやすい)のでおろしたあとは早めに食べる必要がありますが、栄養摂取を重視するなら大根おろしがおすすめですよ。

皮ごと食べやすい

大根に限らず、皮や皮の付近には栄養素が詰まっています。皮を薄く剥く、もしくは皮を剥かずに食べるというのがもっとも効率のいい食べ方ですが、食べ慣れてない人にとってはちょっとつらいですよね。

そこで、大根の場合はすりおろすのがおすすめ。汚れや毛を除いた皮付きの大根をおろせば、皮の食感や舌触りを感じることなく食べられますよ。

大根おろしに含まれる栄養と効果効能

1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう