大根はおろして使うが常識に⁉ 大根おろしで食べると良いこといっぱい

お料理に添えられる大根おろし、残さず食べていますか?脇役になりがちな大根おろしには、実はメインとして食べてほしいくらいの栄養効果がたくさん!大根おろしの効能から、栄養を活かしたレシピ、辛味を抑えるおろし方までたっぷりご紹介します。

大根おろしの効能って?

「大根おろしに医者いらず」と言われるほど、大根は万能な野菜。まさにその効能は、様々なシーンで体をサポートしてくれます。そのままで食べても良いですが、おろして食べる方がより体には良いのだとか。「良薬口に苦し」という言葉もありますが、ちょっと辛いその味に効果の秘密があるようです。

大根をおろすことによって現れる「イソチオシアネート」という辛味成分は、殺菌作用や解毒作用、抗炎症作用があるといいます。実際に大根おろしの効能を調べてみると、役立つ内容が本当にたくさん。具体的にどんな症状に効果的なのか、その一部をご紹介します。

大根おろしの効能

1. 食中毒予防

お刺身のつまに大根が使われていることからも分かるように、体内の解毒酵素の働きを高め、優れた殺菌作用があります。昔から、お肉やお魚料理に大根おろしを添える習慣があるのは、食あたり予防のためなんですね。

2. 食欲促進作用

とんかつなどの揚げ物に大根おろしが添えられていることがありますよね。大根には、消化酵素のジアスターゼが多く含まれているため、食べ物の消化を助け、胃腸の働きをサポートしてくれます。食欲が低下気味の際にも、ぜひ一緒に摂取すると良でしょう。

3. 免疫力アップ

大根おろしには、免疫力を高めるビタミンCが100g中7mg含まれています。ウィルス感染予防や、風邪の症状悪化を防ぎたい時にも役立ちます。ビタミンCは、皮と身の間に最も多いといいますので、皮ごとおろすことがおすすめです。

4. 眼精疲労の緩和

ビタミンCが豊富なことで、眼精疲労の回復にも効果を発揮してくれます。(ちなみに大根の葉には、βカロテンが3900μg(100g中)も含まれているため、眼精疲労対策には、大根の葉を摂るとより良いです。)

パソコンやスマホ画面による瞳への負担が多い現代には、嬉しい存在ですね。

5. 吹き出物・ニキビ対策

大根おろしの辛味成分「イソチオシアネート」には消炎作用があるといわれ、口腔内の腫れなどの炎症を鎮めてくれます。イソチオシアネートは揮発しやすいため、効果を存分に取り入れるには、食べる直前におろして食べるのがおすすめです。

6. ダイエット効果

また、「イソチオシアネート」は、新陳代謝を促し、血流をよくするため、ダイエットにも効果的。イソチオシアネートは加熱調理をすると、生の状態の半分以上も効果が損なわれてしまいます。効果を存分に得るには、生のままいただきましょう。

簡単大根レシピで効能をフル活用

様々な効能がわかった大根おろし。風邪をひいた際にはとくに重宝されてきたようです。殺菌作用や抗炎症作用のある大根は、咳や喉の不調に効果的です。材料もわずかで、急な体調不良にも対応しやすい、覚えておくと便利なレシピをご紹介します。

1. はちみつ入りおろし湯

1. 大根おろしに適量のはちみつと生姜汁を加える
2. お好みの量のお湯を注ぐ

はちみつにも殺菌作用があり喉を潤してくれます。生姜には体内を温める作用があるので、まさに風邪の予防や対策におすすめのおろし湯ですよ。

辛味を和らげる3つの方法

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう