おろして使うが常識に!?「大根おろし」の栄養効果&人気レシピまとめ

お料理に添えられる大根おろし、残さず食べていますか? 脇役になりがちな大根おろしには、実はメインとして食べてほしいくらいの栄養効果がたくさん!この記事では、大根おろしの効果効能や辛みを抑えるおろし方、人気のアレンジレシピまでたっぷりご紹介します。

2019年10月16日 更新

美肌効果

大根には、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCが含まれています。ビタミンCは熱に弱い成分なので加熱するとその効果をうまく感じられませんが、生でも食べやすい大根おろしなら効率よく摂取できるでしょう。(※4)

大根おろしを上手に活用して、肌の土台となってくれるコラーゲンの生成に役立てたいですね。

これで大丈夫!大根おろしの辛みを抑えるコツ

葉に近い部位で作る

大根の辛味成分であるイソチオシアネートは、大根のなかでも部位によって存在量が変わってきます。あまり辛みを出したくないという方は、イソチオシアネートの量が少ないとされる、葉に近い部位で大根おろしを作るのがおすすめです。

目が粗い大根おろし器を使う

上でも触れた通り、イソチオシアネートは大根の細胞が壊れたときに表に出てきます。出さないためには、そもそも細胞を壊さないようにするのがポイント。目の粗い大根おろし器を使うことで壊れる細胞の数が少なく済み、辛みを抑えることができます。

おろしてから時間を置く

イソチオシアネートは、空気に溶けやすい「揮発性」という性質を持った成分です。辛いものがいい方は食べる直前にすりおろすのがおすすめですが、辛みを抑えたいならその逆、おろしたあとにしばらく置いておくことで辛味成分が抜けていきます。

アレンジいろいろ。大根おろしの人気レシピ5選

1. きのこおろしうどん

黒いお椀に盛り付けられたきのこおろしうどん

Photo by macaroni

つるっとゆでたうどんに、なめこと長ねぎが入ったとろとろの温かいつゆをかけたひと品です。きのこを入れることで旨みアップ!大根おろしのさっぱりとした風味がおいしい、上品なレシピです。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう