ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

鶏肉&卵の煮物・煮込みレシピ6選

1. 焦げ目が香ばしい。鶏肉と長ねぎの卵とじ

親子丼の具材のような、鶏肉と長ねぎの卵とじです。鶏もも肉と長ねぎは、焼いてから卵でとじるのがポイント。香ばしさが増して、とろとろの卵とよく合いますよ。焼き鳥が余ったときのリメイクや、焼き鳥缶で作るのもおすすめ。卵はお好みの硬さになるよう、加熱時間を調節してくださいね。

2. お酒にも合う。鶏肉と大根のさっぱり煮

Photo by macaroni

鶏もも肉・卵・大根を、酢でさっぱりと煮るレシピ。鶏もも肉から出る旨味がたっぷりながら、酢のおかげでしつこくありません。味だけでなく、肉質がやわらかく仕上がるのもよいところ。大根はレンジで加熱してから煮ると、時短で味がしみ込みますよ。ごはんはもちろん、お酒にも合うひと品。

3. 圧力鍋でやわらか。鶏肉と大根のめんつゆ煮込み

めんつゆを使えば、煮込みの味付けが楽に決まります。あれこれ調味料をそろえることなく、めんつゆとだし汁で煮ればOK。圧力鍋を使うと、短い時間で鶏肉がやわらかく仕上がりますよ。鶏肉はもも肉でもむね肉でも、お好きなほうで作れます。小口ねぎを散らせば、居酒屋メニューのような仕上がりに。

4. 食べごたえ抜群。きんちゃく煮

油揚げに鶏肉や卵、野菜、餅などを詰める、具だくさんのきんちゃく煮です。鶏もも肉や油揚げから出る旨味を具材が吸い、ジューシーな仕上がり。きんちゃくの煮汁にとろみを付けたあんをかけると、きんちゃくによく絡みます。ボリューム満点で、食べごたえがありますよ。

5. 濃厚。鶏肉とブロッコリーのカルボナーラ風煮込み

鶏肉とブロッコリーを、カルボナーラ風に煮込むレシピです。卵・生クリーム・粉チーズを使うので、こっくりと濃厚な味わい。黒こしょうがアクセントにぴりっと効いて、赤ワインが飲みたくなるおいしさです。鶏もも肉は香ばしく焼き、ブロッコリーはゆですぎないのが、おいしく作る秘訣ですよ。

6. 骨付きの鶏もも肉で。ごろごろスープカレー

大きく切った具材がごろごろ入る、スープカレーです。鶏もも肉は骨付きのものを使うのがおすすめ。見映えがするだけでなく、骨からも鶏の旨味が出ますよ。玉ねぎやにんじんなど、野菜はお好みのものを入れればOK。食感を残したい野菜は、フライパンで焼いてトッピングしましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ