【基本レシピ】しっとりポークピカタ。おすすめソース3選も◎

毎日の食卓で大活躍の豚肉。たまには違うメニューにも挑戦したいというときには、ジューシーな「ポークピカタ」はいかがでしょうか?おすすめのソースレシピ3選も合わせてチェックしてみてくださいね。今夜の夕食はこれに決まりです!

「ポークピカタ」とは?

ピカタとは、お肉に小麦粉と卵液をまとわせてて焼いた、イタリアの伝統的料理のひとつです。小麦粉をつけた豚肉に、卵液に粉チーズを混ぜたものを絡めて焼いた「ポークピカタ」が日本では有名です。

イタリアでは、お肉は豚肉はもちろん、鶏肉や牛肉、魚や野菜でも同じように調理していただきます。

「ポークピカタ」の基本レシピ

ポークピカタ

Photo by TAMA39

とってもジューシーな「ポークピカタ」は、チーズの香りが食欲をそそります。今回は生姜焼き用のほどよい厚さの豚肉を使って、火の通りの早い簡単レシピをご紹介します。

薄切り肉を使って重ねて焼いてもボリュームがあっておいしくできあがりますよ。値段もお手頃で時間もかからないレシピをぜひ覚えてくださいね。

材料(2~3人分)317kcal/人

ポークピカタの材料

Photo by TAMA39

・豚肉(生姜焼き用)……6枚
・卵……2個
・小麦粉……適量(大さじ3杯程度)
・粉チーズ……大さじ2杯
・塩コショウ……少々
・乾燥パセリ……お好みで
・固形バター……約20g

作り方

豚に切り込みを入れる

Photo by TAMA39

1. 焼いてもお肉が縮まないように、包丁で切り込みを入れ、両面に塩コショウをします。
豚肉に小麦粉をまぶす

Photo by TAMA39

2. 両面に小麦粉を薄くまんべんなくまぶします。卵液が絡みやすくなるだけでなく、水分を逃さずやわらかくジューシーに仕上がります。
ポークピカタの液を作る

Photo by TAMA39

3. 卵と粉チーズと乾燥パセリをよく混ぜ合わせ卵液を作ります。
フライパンを熱する

Photo by TAMA39

4. フライパンを温め、バターを溶かします。バターは焦げやすいので中火で調理してください。
ポークピカタを焼く

Photo by TAMA39

5. 小麦粉をまぶしたお肉を卵液にくぐらせ、たっぷりと衣をまとわせたらフライパンで焼きます。
ポークピカタを焼く

Photo by TAMA39

6. きつね色に焼けたら裏返し、しっかりと火が通るまで中火で焼きます。

特集

SPECIAL CONTENTS