水の量や加圧時間は?圧力鍋で作る基本の「カレー」レシピ

調理時間が少ないため、煮込み料理にピッタリの圧力鍋を使った、カレーレシピをご紹介します。水の量は通常と違うの?加圧時間はどれくらい?この記事を見れば、気になることが解決しますよ!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

圧力鍋でカレーを作るときのポイント

圧力鍋でカレーを作る際、どのような点に気をつければいいのでしょうか?通常のカレーと違う点や、特に注意したい点をまとめてみました。

水の量

通常の鍋でカレーを作る際、加熱をすると水分はどんどん蒸発します。そのため、カレールーの箱に記載されている水の量は、すこし多めに書かれていることが多いです。

圧力鍋の場合、基本的には水分はまったく蒸発しないので、純粋に食べたい分の水を使いましょう。ただし、圧力鍋の種類によっては蒸気が出る機種もあるので、お手持ちの圧力鍋の特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。

加圧時間

時短で食材をやわらかく仕上げてくれる圧力鍋ですが、通常のカレーを作る場合、あまりに長く加圧すると煮崩れてしまうことがあります。加圧時間の目安は、約3分。かなり短い時間に思えますが、圧力鍋だったらこのくらいで十分なんですよ。

こちらも機種によって、加圧時間は異なるため、付属のレシピ本などで確認してみてくださいね。

カレールーを入れるタイミング

圧力鍋を使う際、重要なのはカレールーを入れるタイミング。ルーは粘度が高いため、圧力鍋にかけると鍋のノズルが詰まってしまう恐れがあります。カレールーは、加圧後、ふたを外して最後に入れるようにしましょう。

圧力鍋で作る「チキンカレー」のレシピ

材料(4人分)

・鶏もも肉……2枚(500g)
・じゃがいも……3個
・にんじん……1本
・玉ねぎ……1個
・カレールー……1/2箱
・水……300cc

作り方

1. 鶏肉はひと口サイズ、じゃがいもとにんじんは乱切り、玉ねぎはくし切りにします。圧力鍋でやわらかくなるので、ごろごろと大きくカットしましょう!
2. 圧力鍋に1で切った食材と水を加えてふたをセットし、強火にします。圧力がかかったら弱火にし、3分加圧。その後火を消して、圧を抜きます。
3. 圧力が下がり切ったらふたをとり、アクを除きます。
4. ふたを外したまま弱火にかけ、カレールーを溶かして5分ほど煮込んだら完成です。
▼圧力鍋の詳しい使い方はこちら

圧力鍋を使った人気のカレーレシピ5選

1. とろとろビーフカレー

特集

SPECIAL CONTENTS