ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

カレーの名店「マンダラ」直伝!本格バターチキンカレー

Photo by akiharahetta

人々を魅了してやまないカレーのひとつ、バターチキンカレー。いまやレトルト食品やテイクアウトでも簡単に購入できますが、一度は自分の手で作ってみたくありませんか?

言わずと知れたカレーの聖地。東京神保町のなかでも、バターチキンカレーが有名な「マンダラ」の社長におうちで作れるレシピを教わりました。お店で提供されているものとはことなりますが、本格的な味を楽しめますよ。

ポイントは味の複層化

マンダラの社長である外ノ池氏によると「カレー作りのポイントは “味の複層化” だと思っています。スパイシー〜甘さ→酸味→甘さと変化しつつ、複雑な味わいを生み出すことが重要。本レシピでは、スパイスを使い、トマトや牛乳を入れて、火加減を調節し繰り返し煮込むことでそれを再現していますよ」とのこと。

材料や工程はやや細かくなりますが、すべてを守っていけば、おうち史上最高のバターチキンカレーができあがりますよ。

材料(2人分)

Photo by akiharahetta

・鶏もも肉(皮を取っておく)……200g
・トマトピューレ(缶)……100ml
・トマト……1個
・すりおろしにんにく(チューブ可)……2片
・すりおろし生姜(チューブ可)……1.5片
・牛乳……100ml
・生クリーム……50ml
・水……60ml
・塩……適量
・オリーブオイル……小さじ1杯
・バター……30g

a. プレーンヨーグルト……大さじ3杯
a. カレーパウダー……大さじ2杯
a. トマトケチャップ……大さじ1杯

b. クローブ(ホール)……3粒
b. カルダモン(シード)……5粒
b. カスリメティ……適量

c. ピーナッツバター……大さじ1杯
c. はちみつ……小さじ1杯

※bのクローブとカルダモンがない場合はガランマサラ大さじ1杯で代用できます
※カスメリティとはフェネグリークの葉のこと。本レシピではなるべく用意したいスパイスです

作り方

1. 鶏肉に下味をつける

Photo by akiharahetta

最初に取りかかるのは、鶏肉の仕込み。ひと口サイズにカットした鶏肉をポリ袋に入れ、(a)を加えます。ここではカレーパウダーの半量を使います。よくもみ込んで冷蔵庫で1時間寝かせ、なじませます。トマトはざく切りにしておきます。

2. スパイスをテンパリングする

Photo by akiharahetta

鶏肉を寝かせている間にカレー作りをスタートさせます。深めのフライパンにバターとオリーブオイルを入れて弱火にかけます。温まったら、(b)のクローブとカルダモンを加え、オイルにスパイスの香りをつけます。

火加減は極弱火にしましょう。スパイスが黒く焦げてしまうと、風味がまったく変わってしまうので、焦らないでください」とのことバターの香りから、スパイスの香りに変化したらテンパリング完了です。

ガラムマサラを使う場合は、この工程は飛ばしましょう。

3. にんにく、生姜、トマトピューレを加える

Photo by akiharahetta

つぎに、すりおろしにんにくと生姜を加え、弱火のまましっかりじっくり炒めます。ここでもポイントは、焦がさないこと。焦げる前にトマトピューレを入れ、火を少し強め、中火にします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ