野菜不足解消!簡単すぎる「蒸し野菜」のレシピ12選

忙しい毎日で野菜不足を感じることはありませんか? 生だと量が大変ですが、蒸すことでより多くの量を食べることができます。同じ食材でも、たれを変えると違う味を楽しめます。今回は鍋やフライパン等を使って簡単にできる蒸し野菜レシピを集めてみました。

2018年10月18日 更新

野菜不足解消! 蒸し野菜レシピ12選!

忙しい毎日で、野菜不足を感じることは多いのではないでしょうか? 一日の野菜摂取量の目安は350gと言われています。生野菜だと量が大変で、難しいですよね? そんな時に便利なのが「蒸し野菜」。

蒸し野菜のメリットは、なんと言っても一度にたくさんの量の野菜を食べられることです。野菜は熱を加えると柔らかくなり、本来の味や香りが引き出されます。食べることで体が温まるので、疲れているときや風邪をひいた時に食べると効果的です。

今回は、鍋・フライパンなど身近な調理器具で簡単にできる、蒸し野菜料理を集めてみました。

大量調理! 鍋で蒸し野菜レシピ3選

1. みそ豚野菜の鍋蒸し

鍋だけでできる豚肉と蒸し野菜鍋です。豚肉に下味をつけて、お鍋に野菜を入れて、豚肉・野菜・長ねぎの順に並べ、蓋をするだけ。これだけでたんぱく質と野菜が一緒にとれちゃうのが嬉しいですね。

味付けは、みそ・豆板醤・にんにくのピリ辛に仕立てているので、ご飯も進みます。手軽に野菜をたっぷり食べたい時や、忙しいときや暑くて気が乗らない時に重宝しそうなひと品。

2. ラタトゥイユ

茄子、玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、ズッキーニの夏野菜を炒めて煮込みました。味付けは、ニンニクと塩を入れることで野菜の水分を引き出し、甘みと旨味がプラスされています。

コツは玉ねぎのスライスをオリーブオイルでじっくり炒めることです。 野菜がたくさん入っていて、 お子様に野菜をたくさん食べさせたい時に強い味方になりそうです。

3. 豚肉と秋野菜の蒸し鍋

豚肉とさつまいも、きのこ等の根菜を入れた蒸し鍋です。鍋に広げるようにエリンギ以外の具材を並べ、水を加えて蓋をします。煮込んだらエリンギを加えて蓋をし、予熱で5分ほど置いたら完成です。

ピリ辛みそのタレが野菜の甘みを引き出していて、ご飯が進みます。 ソースを変えれば、さまざまな味で楽しめますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう