ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

おいしい長芋の選び方と保存方法

おいしい長芋の選び方

表面の色が肌色で、ツヤがあり、でこぼことした傷がなく、ヒゲの痕跡が残っている見た目のものを選びましょう。カットされたものであれば、切り口が白くみずみずしい色合いをしていて、なるべく太いものを。また、持ったときにずっしりと重みのあるものがおいしい長芋です。

保存方法

丸のもの

新聞紙にくるんで、風通しのいい冷暗所に置いておけば1ヵ月以上持ちます。気温が25℃以上ある時期は新聞紙にくるんだ状態で、冷蔵庫に保存しておきましょう。

カットされたもの

切り口をラップでぴったりと包んで、冷蔵庫に入れておきましょう。カットされたものは1週間程度持ちます。

冷凍保存の場合

すりおろしてとろろ状にし、保存袋に入れておきましょう。皮をむいた状態で冷凍することもできますが、食べる際にまたすりおろす手間がかかるので、すりおろした状態で冷凍する方がベターです。

生で食べる。長芋の人気サラダ&和え物レシピ10選

1. 辛うま!長芋とオクラのエスニックサラダ

ピリッとした辛さと甘さがクセになるスイートチリソースが食欲をそそる、夏にぴったりのサラダ。白だしを加えているので、エスニックでも和食の付け合わせにもよさそうですね。オクラと長芋のダブルネバネバ、筍のシャキシャキとした食感が楽しいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ