ふわふわ不思議食感!「シブースト」基本のレシピとアレンジ集

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

2018年11月1日 更新

シブーストをおいしく食べよう

フランス発祥の洋菓子、シブースト。独特の食感と甘すぎない上品さで、色々な方に愛されるケーキです。今回はそんなシブーストについて、簡単な説明からレシピまでご紹介!

シブーストがお好きな方はもちろん、見かけたことはあるけど買ったことはないという方もぜひチェックしてみてくださいね。

シブーストとは?

「シブースト」とは、クレームシブーストを使ったケーキのことです。では、クレームシブーストとは、いったい何で作られているのでしょうか。

クレームシブーストの材料は、カスタードクリームとゼラチン、イタリアンメレンゲです。カスタードクリームにゼラチンとイタリアンメレンゲを混ぜると、クレームシブーストができあがります。

ちなみにイタリアンメレンゲとは、120℃の熱いシロップを加えて作る、しっかりとした固さのメレンゲのことです。気泡性も安定しているので、ムースなどによく使われます。

ムースとの違いは材料!

皆さんよくご存知のムースも、シブーストと同様、イタリアンメレンゲを材料としています。見た目もよく似ていますね。では、シブーストとムースの違いは何でしょうか。

ムースは、フランス語で「泡」の意味。泡立てた卵白や生クリームに、フルーツピューレやチョコレートなどを加えて作るお菓子のことを言います。卵白や生クリームを泡立てたものを自然に固めて作るため、口当たりが滑らかで、ふんわりとした食感が特徴です。

一方シブーストは、メレンゲの他にカスタードクリームとゼラチンを使用しています。材料を比べてみると、見た目が似ていても全然違いますね。

基本的なシブーストのレシピ

こちらではりんごのシブーストのレシピをご紹介します。

まず先にパイ生地を作っておきます。次にクリームチーズでアパレイユを作りましょう。タルトにソテーしたりんごを置き、アパレイユを流し入れてオーブンで焼きます。

カスタードクリームを作り、冷蔵庫で冷やしたらゼラチンとキャラメルのゼリーを上からかけて完成です!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう