使い捨てライターなのに炙れる!「ポケトーチ」でブリュレも炙り寿司も思いのまま

クレームブリュレや炙り寿司を作るのに欠かせない道具と言ったらバーナーですよね。でもガスバーナーは本格的すぎてちょっと手が出ないと思っていませんか?そんなあなたにぴったりな道具を見つけましたよ。手のひらサイズのお手軽なバーナーです。

2019年9月17日 更新

「炙ってみたい!」が叶う

寿司やクレームブリュレなどの炙り料理

Photo by akiharahetta

おうちで炙ってみたいけど、ガスバーナーはちょっと……。そう思って二の足を踏んでる人も多いはず。そんなあなたに朗報をお届け!

使い捨てライターを使った小さなバーナー「ポケトーチ」をご紹介します。使い方や便利な点、どこで買えるのかなど、役立つ情報をまとめてお送りします。

燃料は使い捨てライター「ポケトーチ」

パッケージ入りのポケトーチ本体

Photo by akiharahetta

こちらが今回ご紹介する「ポケトーチ」。燃料は使い捨てライターだから、手のひらほどの大きさで扱いやすいのが特徴です。持ち歩きやすく、風の影響も受けないため、キャンプでも炭の着火時などに活躍するんですよ。

キャンプ用品として重宝されています

ポケトーチを手で持っているところ

Photo by akiharahetta

使い捨てライターを使っているのに、「ポケトーチ」の火力は強く、なんと1300℃になるんです。これはガスバーナーと同じ温度。基本はキャンプ用品として重宝されていますが、この火力の強さを活かしバーナーとしても使うことができるんです。

実際に製菓道具のコーナーに並んでいることもあるので、見かけたことがある人もいるのではないでしょうか?

燃焼率がいいので長持ち

ポケトーチを手で持っているところ

Photo by akiharahetta

「炎の温度が高いと、すぐにライターのガスがなくなってしまうのでは?」と心配になりますが、そんなことはないんです。普通にライターとして使用した場合に比べ、使用時間が60%アップするそう。

なんと逆に長持ちするんですね!これにはびっくりです!もちろん使い切ったらライターの交換もできるし、メンテナンスも不要なんですよ。これまたうれしい情報です。

おうちで簡単!いろんな「炙り料理」に挑戦

寿司やクレームブリュレなどの炙り料理

Photo by akiharahetta

「さっそく炙ってみたい!」ということで、いろいろな食材を用意しました。どんな使い心地なんでしょうか。おいしくできあがるでしょうか? ドキドキ……とても楽しみです。

とはいえ、注意するべき点もありますので、かならず太字部分を読んでくださいね。

なにはともあれまずは「炙り寿司」

寿司を炙るところ

Photo by akiharahetta

まず最初に、脂ののった中トロとサーモンで「炙り寿司」を作ってみることにしました。あまりにコンパクトボディーのため、ちゃんと炙れるのか正直ちょっと心配なのですが、やってみましょう!

使い方は簡単で、ライターと同じ要領で握ったら親指でスタートボタンを押します。
炙り寿司を作っているところ

Photo by akiharahetta

ご覧の通り見事に炙れました!スタートボタンもしっかり押せ、危なげなく安心して使えました。

また、炎の当たる範囲が狭いのでピンポイントで炙ることができましたよ。お皿やほかの食材に高温の炎が当たることがないので、盛り付けたあとで炙ることも可能。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう