ライター : donguri

webライター

ダイソーのお弁当箱は使い勝手抜群!

Photo by donguri

子どもが使える小さなものから男性にぴったりな大容量タイプまで、ダイソーのお弁当箱は種類が豊富!仕切りやお弁当のフタなど細部に工夫があり、使いやすいものがたくさんそろっています。

この記事では、ダイソーのおすすめお弁当箱7選をご紹介。一緒に購入したいお弁当グッズや、使い捨てタイプのお弁当アイテムもあわせてチェックしてみてくださいね。

1. ランチボックス

Photo by hadu

価格:110円(税込)
「OIC」という英字がプリントされた、すっきりとしたデザインのお弁当箱。カラーは写真のグレーブルーのほか、ブラック、ホワイト、オフホワイト、レッド、ダークブルーの全6色から選ぶことができます。暖色系も寒色系もあるので、好みに合う色がきっと見つかるはず♪

男女問わず使いやすいシンプルなデザインが魅力です。

プチプラながらも機能性抜群!

Photo by hadu

ダイソーのお弁当箱は税込110〜330円くらいの価格帯で、安いほど作りがシンプルなものが多めです。しかしこちらの商品は、110円ながらカップ型の仕切りとフタ式の仕切りがついていて使いやすさ抜群なんですよ。

カップ型の仕切りは、汁がでるおかずやフルーツを入れるのにおすすめ。フタ式の仕切りは上に少し空間ができるので、小さな保冷剤や調味料を入れるのに役立ちます。
税込価格110円
サイズ9.8×18×6cm
材質ポリプロピレン
耐熱温度120℃
特記事項食器洗浄機・食器乾燥機・電子レンジ・オーブン使用不可
カラーグレーブルー、ブラック、ホワイト、オフホワイト、レッド、ダークブルー

2. 保存容器としても使えるお弁当箱(エア弁付、500mL)

Photo by donguri

価格:220円(税込)
商品名にあるように、保存容器としても使えるのが特徴のお弁当箱。フタについている“エア弁” を開けると、フタをしたまま電子レンジで加熱することができます。夜お弁当を詰めて冷蔵庫に入れておき、食べる前に温めるという使い方が可能。

サイズは300ml(税込110円)、500ml(税込220円)、950ml(税込330円)の3タイプ、容器が赤いコカ・コーラデザインのものもあります。

ありそうでなかった新感覚お弁当箱

Photo by donguri

フタのみレンジ非対応というお弁当もたくさんありますが、前述したようにフタをしたまま加熱できるのが大きな魅力。ラップをかけず、そのまま温められるので手間要らずですよ♪

また仕切りがひとつ付属されていて、ごはんとおかずを分けて詰めることができます。フタの内側にはパッキンがあり、両面ロックでしっかりと閉じられるのもうれしいポイント!
税込価格300ml:110円
500ml:220円
950ml:330円
サイズ300ml:8.4×5.2×15.6cm
500ml:9.8×5.7×18cm
950ml:12×6×21.5cm
材質本体:ポリプロピレン
フタ:ポリプロピレン、合成ゴム
耐熱温度-20〜140℃
特記事項電子レンジ使用可、食器洗浄機、オーブン使用不可

3. 2段ランチ弁当箱

Photo by donguri

価格:330円(税込)
ダイソーにはボリューミーな2段弁当もラインアップ。上段は430ml、下段は260mlなのでたっぷりと食べたい方にぴったりです!トータル690mlと大容量ですが、奥行きが7.6cmとスリムなので見た目はとてもスタイリッシュですよ。また場所を取らずコンパクトに持ち運べるのも魅力です。

カラーはブラック、グレー、ホワイトの3色。シンプルなモノトーンカラーなので男女問わず使いやすいですね♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ