ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

噂のダイソー新業態「スタンダードプロダクツ」に潜入!

Photo by akiharahetta

2021年4月上旬、ダイソーの新業態ブランド「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」に潜入してきました。場所は、渋谷マークシティ・ウエスト1F。

ダイソー系列と聞いてポップなお店を想像していましたが、まったく違うシックな雰囲気に戸惑う筆者。色味を抑えた生活雑貨が並んでおり、最初の印象は、とにかくおしゃれ。店内に一歩足を踏み入れると、気になる商品ばかりで目移りしっぱなし。

この記事では、広報さんに聞いたおすすめアイテムを一挙ご紹介します!
※現在は9:30 ~ 20:00までの時短営業です

テーマは「ちょっといいのが、ずっといい。」

Photo by akiharahetta

冒頭でお伝えしたように、スタンダードプロダクツは100円ショップ、ダイソーの新業態。とはいえ、品ぞろえは従来のダイソーとまったく違います。9割の商品が330円(税込)、できる限り日本製にこだわって作られたオリジナル商品です。

生活全般に必要な雑貨を取り扱っているのはダイソーと同じですが、色味を抑えているため、全体に統一感があります。

ブランドのテーマは「ちょっといいのが、ずっといい。」とのことで、ベーシックで使いやすく、なおかつ統一感のあるアイテムがそろっていますよ。

1. 飾って収納「中身が見えるキャニスター」

Photo by akiharahetta

左:1L 220円(税込)右:1.5L 330円(税込)
最初にご紹介するのは食品保存用のキャニスター。スタンダードプロダクツのキャニスターは、透明で中身がよく見えるのが特徴です。スタッキングタイプで積み重ねられるのもポイント!

密封性を保つパッキン付きで、サイズは、450ml、1L、1.5L、2Lの4つ。

フタも透明だけど、木目調のフチがおしゃれ

Photo by akiharahetta

「中身が見える」というだけあって、本体だけでなくフタまで透明。どんなインテリアにも合わせやすい木目調のフチで、キッチンをパっと明るい雰囲気にしてくれます。

試しにショートパスタを入れてみたら、おしゃれでいい感じ♪軽いので扱いやすいですよ。

2. 手のひらサイズで超軽量「エコバッグ」

Photo by akiharahetta

各330円(税込)
日々の買い物に欠かせないエコバッグ。今や持ち歩くのが習慣となりましたが、うっかり忘れてしまうことありますよね。同店のエコバッグはカラビナ付きで、通勤バッグやキーホルダーに接続可能。エコバッグ忘れを防げる商品です。

広げるとかなりの大きさ。大容量!

Photo by akiharahetta

収納時は手のひらにすっぽり入ってしまうのに、広げるとかなりの大きさ。スーパーの袋L~LLサイズ相当で、ペットボトルが2本入ります。

収納袋と一体型になっており、紛失することもありません。
Photos:19枚
スタンダードプロダクツの看板
スタンダードプロダクツの食器コーナー
2個並んだスタンダードプロダクツの「中身が見えるキャニスター」
ショートパスタが入ったスタンダードプロダクツのキャニスター
スタンダードプロダクツの「エコバッグ」
スタンダードプロダクツの「エコバッグ」を広げた様子
壁にかけた「木製鍋敷」
にストウブ鍋がのった「木製鍋敷」
スタンダードプロダクツの「新潟燕カトラリー」コーナー
スタンダードプロダクツの「新潟燕カトラリー」が並んでいる
3個重なったスタンダードプロダクツの「SoLow汁椀」
「SoLow汁椀」にグラノーラが入っている
スタンダードプロダクツの「立たせるオールステンレストング」
スタンダードプロダクツの「立たせるオールステンレストング」
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ