タルトの型の身近な代用品は?賢く使って気軽にタルト作り!

タルトを作りたいけど、型がなくてあきためた経験ありませんか。実は身近なもので代用ができます。代用品をつかって、少し工夫をすると上手にタルトが焼けるんですよ。タルト型の代用品にどんなものがあるのか、詳しくご紹介します。

タルト型の代用になるものは?

タルト型は、タルトを焼くときに使う調理器具で、大きく分けて2種類あります。まず、底版が外れるものはフラン型と呼ばれます。型から外す時に下から押し出すことができるため、型崩れがしにくいです。底板と一体型は、そのまま食卓に出すことができます。

このように、タルトを焼くときには専用の型があると便利ですが、頻繁に使用することがないので、持っていない方も多いようです。タルトを焼きたいけれど、タルト型がない時は買うしかないのでしょうか?

諦める前に、身近にあるものでタルト型は代用できるのか調べてみました。今回は、どのような物で代用ができるのかを詳しくご紹介します。

代用を考える際のポイント

タルト型の代用を考えるときは、色々な注意点がありそうです。どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

まず、底の深いものはパイ生地を敷きにくくなるため、なるべく浅いものを選びましょう。深いものを使う場合は一工夫が必要です。また、金属ではなく耐熱皿を使う場合は、熱が通りにくいため焼き時間の考慮が必要でしょう。

焼きあげたり、作ったりする過程でも代用品によって調節が必要です。そのような調節が面倒であれば、代用型を使ったレシピを探してみるのもよいかもしれません。同じ代用型で作れば、レシピ通りにすることで上手にタルトが焼けますよ。

タルト型の代用になるもの

タルト型の代用品はいろいろあります。意外に身近なもので代用ができますよ。どのようもので代用ができるのか見ていきましょう。

グラタン皿・ココット容器

まず、オーブン対応のグラタン皿やココット容器が代用できます。浅いラザニア用のグラタン皿はタルトに代用しやすいです。作るときには、内側に薄くバターを塗るとタルトが外しやすくなりますよ。

また、グラタン皿やココット容器は金属製のタルト型に比べると、火の通りが悪いため底が生焼けになりやすいです。焼き時間はレシピよりも長めに設定すると、ちょうどいい仕上がりになるでしょう。

スキレット

流行りのスキレットであればオーブンに入れることが可能なため、タルト型の代用になりますね。スキレットは色々な大きさが販売されているため、小さめのサイズを人数分焼いてもいいですね。分厚いスキレットでは、タルトが固く焼きあがることがあるため注意が必要です。

スキレットを使用してタルトを作ると、そのまま食卓に運ぶことができとても便利です。見た目もおしゃれなため、仕上がりが楽しみですね。

アルミカップ

アルミカップは耐熱温度が高く、オーブンやグリルに対応した商品が多く販売されています。スーパーや100円ショップでも販売されているため、手に入りやすいですね。

アルミ箔に比べると、しっかりとした形で使いやすいです。小さなサイズのものが多いため、プチタイプのタルトを作る時におすすめ。手みやげやプレゼントに最適なタルトが焼きあがりますよ。

耐熱皿

普段の食卓で使用している耐熱皿も活用できます。高い温度に耐えられる分厚い耐熱皿で作るとよいでしょう。耐熱のコップを使用して作ると、おしゃれなかわいらしいタルトが完成しますよ。

耐熱皿はどこのご家庭にもあるため、上手に利用すると人数に合わせた量や場面に合わせたサイズのタルトが作れそうです。大きめの耐熱皿で野菜をメインにしたおかずタルトを作ると、みんなでシェアでき、食卓が華やかになりますね。

アルミ箔

市販のアルミ箔を利用して、手作りのタルト型を作ることもできます。アルミ箔のため、後片づけも簡単!

作り方は、気に入った形の食器を選び伏せておきます。お皿が隠れるくらいの大きさにアルミ箔を置き手で押し当てます。強度を増すために、何重かにするといいでしょう。

アルミ箔は、好みの大きさや形にできるためとても便利です。定番の丸型以外にも、かわいい形にするといつもと違ったタルトを楽しめますよ。使用後はゴミとして捨てることができるため、置き場所にも困りません。

ケーキ型

ケーキ型を使っても作れますが、底が深いため生地を敷く際は工夫が必要です。

ケーキ型にクッキングシートを敷き、均一の厚さにした生地を底に敷きます。次に、側面の長さに作った長方形の生地を半分に切り、半分ずつ側面に敷きます。このとき、高さはケーキ型の側面の通りに作らず、低めにしましょう。最後に、底と側面の継目に余った生地を長く伸ばして馴染ませましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS