ぷりっパキッ♪ ウインナーの人気レシピ28選。おいしく焼くコツも必見!

パリッとした食感が人気のウインナー。この記事では卵やキャベツなど、ウインナーと相性のよい食材を組み合わせたレシピをご紹介します。お子さんも喜ぶお弁当にぴったりなメニューや、朝食におすすめの簡単おかずなど盛りだくさん。ウインナーをおいしく仕上げる方法も必見ですよ!

2019年6月15日 更新

ウインナーをぷりぷりに仕上げる焼き方

ウインナーをぷりぷりに焼くコツは3つあります!

1. 皮に切れ込みを入れないこと。
2. お湯でゆでたあと、仕上げに焼き目を付けること。
3. 水と一緒に焼くこと。

皮に切れ込みを入れると、うまみである脂や肉汁が流れ出てしまうので注意してください。また湯煎してから焼くことで、中はジューシー、皮はパリッと仕上がりますよ。

ワンパンで簡単!ウインナーの焼き方テクニック

1. フライパンにウインナーを並べ、ウィンナーが1/3くらいつかるように水を入れます。

2. 中火から強火でウインナーを転がしながら加熱、フライパンの水がなくなるまで続けてください。

3. フライパンの水分がなくなったら弱火にして、焼き色を付けていきます。ウインナーの表面に脂が染み出てツヤが出たら完成!

※ウインナーの種類によっては、油が染み出しにくいものがあるので手順3では、少量のサラダ油を入れて転がす。
▼ウインナーのおいしくする焼き方はこちら!

ウインナー×卵の人気レシピ5選

1. ウインナーとチーズの卵焼き

卵焼きの中に、ウインナー、チーズ、海苔を入れて巻いています。ジューシーなウインナーにチーズが絡んでとてもボリューミーな卵焼きですよ!海苔を1枚入れるだけで断面のメリハリが出るだけでなく、チーズが流れ出るのも防いでくれます。

ウインナーをあらかじめ卵焼き器の長さにあわせてカットしておくと、うまくできますよ!

2. ウインナーとほうれん草のキッシュ風卵焼き

にんじんを生地にした、カラフルなキッシュ風レシピです。ウインナーとほうれん草は、オリーブオイルで香りをつけながらサッと炒め、あとは生地の上にのせ、オーブンまたはトースターで焼くだけ。手で掴めるちょうどいい大きさにカットし、お弁当のおかずやパーティーのひと品にいかがでしょうか♪
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう