番外編:十字切りからのピーラー使い

先に、包丁でごぼうに十字に切りこみを入れてからピーラーをかけると、ピーラーだけを使う方法より、ごぼうを細かく切ることができます。より繊細な形にしたいときにおすすめですよ。
1. ごぼうの側面に、包丁で十字になるように切りこみを入れます。

Photo by macaroni

2. そのあと、ピーラーをかけていきます。十字の切込み部分まで削り終えたら、再び切込みを入れ、同様にピーラーをかけていきましょう。より細く仕上げるためのテクニックです!

Photo by macaroni

ちょっとしたひと手間を加えることで、ささがきがぐんとやりやすくなりますよ。
よろしければこちらの記事もご覧ください

ごぼうの切り方(細切り&斜め切り)

ごぼうの細切り

1. ごぼうを5cm程度の長さに切ります。

Photo by macaroni

2. 次に、3mm程度の板状に切ります。

Photo by macaroni

3. 板状に切ったものをずらして並べ、細く切っていきます。

Photo by macaroni

細切り(3〜5mm)が一般的ですが、千切り(1〜2mm)にするとより火の通りも早くなり、味もしみ込みやすくなります。お好みにあわせて、それぞれの方法を試してみてくださいね。

ごぼうの斜め切り

1. まな板の上に、ごぼうを角度をつけて置きます。

Photo by macaroni

2. 3mm程度の厚さで、斜めに切っていきます。

Photo by macaroni

3. 斜めに切ったものを平らにして並べ、細く切っていきます。

Photo by macaroni

複数枚を一度に切っていくよりも、一枚ずつ切っていく方が確実です。

にんじんの切り方(細切り)

にんじんの細切り

1. 5cm程度に切ったにんじんを、まな板の上に立てるようにして置きます。

Photo by macaroni

2. 次に、3mm程度の板状に切っていきます。

Photo by macaroni

3. 板状に切ったものを、今度は3mm幅に細く切っていきます。

Photo by macaroni

にんじんを切るときは、ごぼうの厚さや長さにあわせるようにしましょう。そうすることで、見た目も美しく仕上がり、調理の際に火の通りを均一にすることができます。

こんにゃくの切り方(細切り)

こんにゃくの細切り

1. こんにゃくを3mm程度に薄く切ります。

Photo by macaroni

2. さらに、細切りにしていきます。

Photo by macaroni

こんにゃくを切る際も、長さや厚さはごぼうにそろえるのがおすすめです。

こんにゃくのアク抜き方法

こんにゃくは、アク抜きをすることで臭みやえぐみ、余計な水分を取り除くことができます。また、このひと手間で、味もしみやすくなりますよ。
1. 切ったこんにゃくをボウルなどに入れ、塩を振ります。塩の量は、こんにゃく1枚に対して大さじ1杯程度です。

Photo by macaroni

2. こんにゃくを塩もみし、5分ほど置きます。こうすると、こんにゃく特有の臭みを抜くことができます。

Photo by macaroni

3. こんにゃくを沸騰したお湯に入れてゆでます。

Photo by macaroni

こんにゃくをゆでる時間は、こんにゃくを入れたあと、再度沸騰してから2~3分ほどで大丈夫。あまり長い時間ゆでてしまうと、こんにゃくが固くなってしまうので、気をつけてくださいね。
よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

FEATURE CONTENTS